スープ・フェスティバル
e0264394_446039.jpg
スープは、世界のどこの国でも食べられ、ここハンガリーでも、ランチでメイン料理の前に食べる料理として親しまれ、何百年もの歴史を持っています。昔と違い、忙しい平日にスープを食べる時間があまりなく、現代ではメインだけ食べる人が多くなってきましたが、週末のランチではスープも必ず食べます。

スープは健康によく美味しいので、昼休憩になどの小腹対策としても、最近また人気になってきたようです。以前紹介されたLeves.と同じようなスープ・バー(Bors、Fragola、Soupway Leves等)がブダペストで次々開店していることからも、その事実がうかがえます。
e0264394_5364920.jpg

ブダペスト初!スープ・フェスティバル  BudaiLevesfesztivál

スープ・フェスティバルの場所は変更されています。
新しい場所:Árpád fejedelem útja 7.
 【地図
マルギット橋の近くのElvis Presley公園の隣りの「HILD UDVAR」に あります。
駐車所:エルヴィス・プレスリー公園の前の駐車所は無料です。
公共交通機関利用の場合:
バス86, 109, 160, 206, 260 (Császár-Komjádi uszoda下車)
市電4,6,14ライン (Margit Híd budai hídfő下車)
Hév H5ライン(Margit Híd budai hídfő下車)が最寄駅となります。

開催日:2013年4月26・27・28日
 金曜日:14時~19時くらいまで
 土曜日、日曜日:10時~19時くらいまで
入場料:無料
スープ:カップ(小)500HUF / カップ(大)1000HUF
※元々の計画の4月19・20・21日の開催日は、近くのMillenaris ParKで同時に行われるブック・フェスティバルに参加する外国の政治家の訪問より、セキュリティ上の理由で一週間ずらすとことになりました。(4月17日)

ブダペストで、4月19日から21日までの3日間、ブダペスト初のスープ・フェスティバルが行われます。ハンガリー有名のグヤーシュ、ハラースレーやフルーツスープ(美味しいフルーツスープのレシピはこちらをご覧ください:フルーツスープ)をはじめ、伝統的なサヤインゲンや肉入りパローツ風のスープ(Palócleves)、肉の塊(豚足など)入りインゲンマメのスープ(Csülkös bableves)、野菜スープ等も味わうことができます。

その他にもトランシルバニア、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、ロシア、アフリカ、アジア等の独特なスープもありますよ。

プログラム
* 金曜日は、コックさんがつくった5種類のスープの作り方を披露します。その中には、以前紹介された「Legényfogó leves」の作り方もみることができますよ。
* 土曜日の午前の部はスープ作りコンテスト、午後の部では、アジアの様々なスープが紹介されます。
* 日曜日の午前の部では、子供向けのプログラムがあり、午後からは、スープ作りとなっています。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-04-17 15:10 | イベント
<< 同じ料理を二度と出さないレストラン ヘルシーで香ばしいポガーチャ♪ >>