バラトンのグルメ旅行記 【2日目】
旅程:Révfülöp→Keszthely

この日は、バラトン周辺の首都といわれているKeszthelyをたくさん観光する予定だったので、朝早くホステルを出て、午前中は休まずにKeszthelyまで自転車を乗りました。
途中の景色がとても綺麗でした。
e0264394_17531146.jpg
Badacsonyのワインも、ハンガリーワインの中で有名なワインの一つです。Badacsony山は玄武岩の火山だったので、ここでできるワインの味ではミネラル感が強いといわれています。Badacsonyワイン産業地域の代表的なブドウ種類は、Olaszrizling, Rizlingszilváni , Szürkebarát, KéknyelûとZeusz の5種類です。Badacsonyのワインはアルコール濃度の高い、フルボディなものです。よいビンテージの年では、アイスワインができるブドウも珍しくないです。
Badacsonyの町を通り過ぎた頃、ワインルートの看板を見かけました。Badacsonyのワイナリーは観光客を惹きつける為に力をいれているんだと思いました。珍しいですね。
Badacsonyのウェブサイトにはワインルートの地図が載っています。ご覧下さい。
e0264394_17522386.jpg
お昼すぎにはKeszthelyの町中から北方向にある、街中心部から少し離れたペンションに着きました。もともとは隣の町のGyenesdiásにある「さらいペンション」という日本人が経営している所に泊まる予定でしたが、残念ながらいっぱいで、インターネットで他の宿泊施設を探さないといけなくなりました。バラトン旅行を考えている方は、さらいペンションのホームページをご覧下さい。楽しい情報がいっぱい載ってますよ☆

今回、インターネットで見つけたペンションは最高でした。部屋が広くて、明るく、綺麗で、バルコニーもあって、本当にお手頃価格のお部屋でした。ペンションを経営している若い夫婦もとっても優しくて、用心深い人たちでした。部屋にはびっくりプレゼントの乾燥りんごの可愛いパッケージやKeszthely, Heviz, と西バラトン一般的の地図等を用意してくれていました。
このペンションは、特にアクティブレクリエーションが好きな人におススメです。ここは様々なプログラム(セーリング、ハイキング、カヤック/カヌー、洞窟探検、サーフィン等)を企画していた夫婦が経営するペンションです。詳細は、こちらのペンションのウェブサイトをご覧ください。(※英語が通じます)
e0264394_1753136.jpg
e0264394_17523977.jpg
昼食は町中心にあるBacchus Bormúzeum és Étteremへ行きました。この地域のワインを種類豊富に提供してくれるレストランです。メニューにはZala Megyeの特別料理もたくさん揃っていました。
e0264394_17551746.jpg
e0264394_17543276.jpg
私はソーヴィニョン・ブランを飲みたかったので、それに合う魚料理を頼みました。エステルはアルコールを飲むと直ぐに眠たくなるタイプなので、ワインではなく、ソフトドリンクをオーダーしました。
e0264394_17532993.jpg
私が注文したRostonsült fogasfilé fehérbormártással, roppanós párolt zöldségekkel(白身魚のグリルの白ワインソースがけと蒸し野菜)を食べました。やっぱりおかずの野菜はここでも冷凍品でしたが、その他のものは全部美味しかったので、許しました。
e0264394_17534414.jpg
エステルが食べたSpenóttal és mozarellával töltött jércemell sajtmártással(モツァレラチーズとほうれん草入りチキンのチーズソースがけ)も美味しかったです。
e0264394_17535589.jpg
特にエステルがオーダーしたデザート、 Totyogós túrópalacsinta otelló szőlőlekvárral(カッテージチーズ入りパンケーキとオセロブドウのジャム)は美味しく、オススメです。オセロブドウから作られたジャムはとびっきり素晴らしい味だったようです(笑)
e0264394_17542112.jpg
Panna cotta vegyes gyümölcs szósszal(パンナコッタのフルーツソースがけ)も良かったすが、普通に上手にできたパンナコッタでした… エステルがオーダーした地域オリジナルのパンケーキを味見させてもらいましたが、とても羨ましい味見でした;_;
e0264394_17541048.jpg

店名:Bacchus Bormúzeum és Étterem【地図
住所:Keszthely, Erzsébet királyné útja 18
電話番号:+36 83 510 450
メール:info@bacchushotel.hu
ホームページ:http://bacchushotel.hu/?chlang=en&t=5576
***************************************************


Keszthelyがバラトン周辺の首都と考えると、文化的な中心地はフェシュテティチュ宮殿です。18世紀のバロック様式で建てられた歴史的価値のある建物の中には、非常に面白いギャラリーや博物館が数多く入っています。強大な図書館や地下のワイン博物館、昔の貴族の生活を紹介する展示等々!!!宮殿の公園も東ヨーロッパで珍しく、イギリス風につくられており、もちろんその中には、17~19世紀、貴族の中で大人気だった熱帯植物がいっぱいのオレンジの温室もあります。また、昔の貴族のもう一つの趣味であった狩猟も、宮殿の公園の反対側にある狩猟博物館でみることができます。
e0264394_17544364.jpg
e0264394_17545560.jpg
e0264394_17525198.jpg

ディナーは、ペンションのお姉ちゃんが勧めてくれたJóbarátというレストランに行きたかったのですが、頭痛がひどかったので、薬を飲んで朝までぐっすりと休みました。たぶん熱射病にかかってしまったのだと思います。また機会があればいつかこのレストランも行ってみたいと思います。そして、また、みなさんにレポートできたらな、と思います。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-16 16:56 | その他
<< バラトンのグルメ旅行記 【3日目】 バラトンのグルメ旅行記 【1日目】 >>