バラトンのグルメ旅行記 【4日目】
旅程:Balatonlelle→Siófok

いよいよこの旅行の最後の朝がやってきました。起きてフェイスブックを確認すると、エステルの高校生時代の友達からメッセージが来ていました。BalatonlelleにいるならMarton Cukrászdaの名物ケーキを是非食べてみてね!というメッセージでした。

美しいお風呂場に「また会おうね」と別れの挨拶をして、Kishegyを自転車で降りて、Balatonlelleの町へとケーキ屋を探しに走り出しました。地元の人々に場所を教えてもらって、ちょうどお店がオープンする頃に目的地に着きました。迷わず、私たちは勧められたLellei Álomというケーキを朝ごはん代わりに注文しました。結構素敵なケーキが出てきました。小さくカットされた三角形のスポンジケーキにヌテラのレイヤーが!アイスケーキのようなケーキにホイップクリームとチョコレートシェービングのトッピングがかなり贅沢な朝ごはんでした。
e0264394_2012337.jpg
店名:Márton cukrászda
住所:Balatonlelle, Rákóczi utca 239. 【地図
電話:+36 (85) 554-950.
****************************************************



朝ごはんをすませた私たちが次に向かった先は、予定していたBalatonszemesという、隣町にあるレストランでした。Kistücsökは、去年、バラトンTOP5レストランでも述べましたが、バラトン周辺の最優良レストランとして知られているところです。今まで食べてきたレストランの中でも本当に美味しいレストランはいくつかありましたが、Kistücsökとは、レベルがやっぱり違います。まずワインレストランといわれているBacchusよりもワインの種類がはるかに多いです。ワインメニューのボリュームを見るだけでも圧倒されてしまうほどです。
ハンガリーでも日本と同じように、お酒を飲んで自転車に乗ることは車同様に飲酒運転とみなされるので気をつけてくださいね。警察に捕まえるとひどいことになるので、今回、私は飲みたいのをグッとこらえて、Irsai Oliverを100mlだけにしました。

飲み物をオーダーすると、まず最初にレストランのウェルカムプレートが出てきました♪ 春のロール・キャベツ、パプリカソースとコリアンダーで味付けされたサワークリームという、とても軽くて美味しいウェルカムプレートでした。
e0264394_202172.jpg

私が今回オーダーしたメイン料理は、Friss házi sajt grillezve, mogyorós uborkasalátával és barnarizzsel(ホームメイドチーズのグリル、ピーナッツトッピングのきゅうりサラダ、玄米)でした。玄米を食べてホームシックになっちゃった、やっぱり…何日間も続いてレストランの料理ばっかり食べていると、炊飯器で炊いた、普通の白いご飯が食べたくなりますね。Kistücsökの玄米はネギなどと一緒に炊いてあって、オリーブ油も入ってて結構ヨーロッパ風味でしたが、それでもこのカテゴリーでかなり美味しい玄米でした。キュウリサラダも美味しかったですよ~♪
e0264394_2022067.jpg

エステルが注文したMedvehagymás és parmezános rizottó posírozott tojássál (熊ネギとパルメザンチーズのリゾット、半熟玉子付き)は私にはちょこっとだけ塩辛かったですが、もともともリゾットがあまり好きじゃない人だったら、どんな素晴らしいリゾットが出てきても文句を言うかもしれません(笑)エステルは美味しそうに食べましたが。
e0264394_2023892.jpg

私はデザートに、Házi krémes gyümölcshabbal (ホームメイドクレーメシュとフルーツムース)をオーダーしました。ケーキ屋で売ってるクレーメシュと違って、生地が結構膨らんで、パリパリしてたので、ちょっと食べにくかったですが、味は良かったです。
そして、今回も、エステルがオーダーしたデザートの方が美味しかったです。エステルは甘いもの選び方が上手でうらやましいです。彼女はがオーダーしたのは、Napi torta ajánlatunk(日替わりデザート:今回は、カッテージチーズ団子とイチゴムース)。ホームメイドのカッテージチーズの濃度さがパーフェクトで、バニラと砂糖の絶妙なバランスも最高でした。私がオーダーした、何のフルーツを使ったムースかわからないものより、はっきりしたイチゴの味がするエステルがオーダーしたムースの方がはるかに美味しかったです(泣)
e0264394_202506.jpg
e0264394_20258100.jpg

店名:Kistücsök étterem
住所:Balatonszemes, Bajcsy-Zsilinszky u. 25. 【地図
電話:+36 (84) 360-133
メール: kistucsoketterem@t-online.hu
ホームページ:http://kistucsok.hu/
****************************************************


当初の予定では、バラトン一周を完走するのではなく、南方にある大きな町、Siófokまで自転車で行って、そこから電車に乗って帰ってくる予定でした。けれども午後の天気がおかしくなってきて、雨がザーッと降ったり、やんだり、また降り出したりしたので、テンションがかなり下がってしまいました。景色も結局前の日とあまり変わらなくて、道も平坦な道で、自転車に乗っていても面白みがなくて...正直言って、バラトン南沿いを走ることに飽きてきてしまいました。Balatonszárszóの駅を通りすぎた頃、ちょうど「ブダペスト南行きの電車が5分遅れます」という放送が耳に届き、余計に気持ちが沈んでしまいました。恥ずかしいことに、目的地としていたSiófokまで頑張れきれず、15キロ前のBalatonszárszóで終了。帰りの電車に乗り、私の挑戦は幕をおろしました。

《さいごに》
今回の旅行では、夢だったバラトン湖一周をほぼ達成することができて、とても嬉しく思います。ハンガリー人の目からみたバラトン湖はいかがでしたか。今回の紹介では、ガイド本だけでは伝えきれない、いろんな美味しいレストランやワイナリー、美しい建物と自然が、実は調べると、もっといっぱいあるんだ!ということに気づいていただけたら幸いです。正直なところ、アタリとハズレがとても激しい観光地ですが、一回ぐらい行ってみる価値はあるのではないでしょうか。
ぜひ、今年の夏はバラトンを尋ねてみてください。そしてハンガリーのグルメブログに感想、体験談、困ったことなどなど、ご連絡下さいね☆お待ちしております。

バラトン湖に関する過去の記事************************
バラトン湖を楽しみましょう ・ 第1集 レストランTOP5
バラトン湖を楽しましょう ・ 第2集レトロ風焼き魚
バラトンのグルメ旅行記 【1日目】
バラトンのグルメ旅行記 【2日目】
バラトンのグルメ旅行記 【3日目】
********************************************

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-21 20:36 | その他
<< ハンガリーを味わいましょう! バラトンのグルメ旅行記 【3日目】 >>