カテゴリ:お店( 23 )
最新ミシュラン星「Tanti」のレビュー
e0264394_05291949.jpg
ブダペストのレストランから、最新ミシュランガイドにミシュラン星を獲得した一店舗が追加されました。ブダペスト12区のHegyvid?k Bev?s?rl?k?zpontの中にある「Tanti」は, Onyx,Costes そして Borkonyhaに続いて、ブダペスト4番目の ミシュラン星獲得店です。「Tanti」シェフはハンガリー料理の伝統を一から考え直し、食材から近代的なキッチン技術で創作したFine Diningです。
ハンガリー料理はよその国の方々にも愛されているとよく聞きますが、「塩っ辛い、脂っこい」等、あまり健康的とは言えない作り方のレストランが非常に多く、グルメ界ではあまり評判がよくありません。「Tanti」はこの問題を意識した上で、まずボリュームを抑え(ハンガリー料理は多くてなんぼ)、彩を考慮した新鮮な野菜たっぷりの料理を提供しています。

「Tanti」はミシュラ星を獲得することを目的としていた訳ではなかったので、お店側としても「青天の霹靂」だったようです。当然、話題となりお客様も激増しましたが、当の本人(シェフ)も、仕入先もまったく準備が追い付かず、メニューにある料理の一部分しか提供出来ないという状況に陥りました。これはウェイター情報です。
e0264394_05311513.jpg
【レストランの長所】
すべての料理(鹿肉のサドル以外…)のテクスチャが完璧で、盛り付けテクニックが抜群です。食材もすばらしく、作り方もクリエイティブで珍しい組み合わせばかりでした。「牛肉はどう調理したらこんなに柔らかくなるんだろう??」「ピーナツってこんなに風味豊かだったんだ・・・」等、様々な不思議グルメ体験を味わいながら、夕食を過ごしました。
デザートは、粗挽きのカカオ豆の上にふわふわのフルーツムース。パリパリのココア豆の食感が非常に新鮮でした。

e0264394_05314029.jpg
【レストランの短所】
ケチなハンガリー人と思われるかもしれませんが、私はこのことはどうして気に入りませんでした。4人で食事をして、みんな一人ずつサラダ、メインを食べて、ワインも楽しんで、食事が終わってデザートを食べようと思ったらお腹がいっぱい。そこで、デザートを「半分にしてほしい(キチ)」とリクエストしたところ、「NO!」という返事。
お客さんの要望に応えてくれないレストランって親切と言えるの???
それ程難しいことではないと思うのですが、私は融通が利かないとしか言いようがありません。

因みに、全然違う話ですが、「ギロスのお肉だけ下さい」も絶対に売ってくれません。お肉だけ欲しがる方が間違ってる??(笑)
e0264394_05353183.jpg
確かにミシュラン星の基準は料理(材料や技術)の品質に基づいて評価されるのですが、何回も行きたくなるレストランの共通点は優秀なホスピタリティーだと思います。「味がすべてじゃない…」 少なくても私はそう考えます。
タイミングがあまりよくなかったと考えたいです。
将来にもう一度お手軽価格のランチメニューに挑戦しようと思っています。
e0264394_05315232.jpg
連絡先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住所: Budapest 1124, Apor Vilmos t?r 11−12.【地図
(Hegyvid?k Bev?s?rl?k?zpontというデパートの中)
電話番号:+36―20―243―1565
ホームページ:http://www.tanti.hu
メール: tanti@tanti.hu
月〜日:10:00〜22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by itadakimasu_hu | 2015-03-24 05:40 | お店
ブダペストで多様のお茶経験
e0264394_5213144.jpg
ハンガリー人が飲んでる一般的な紅茶はご存じですか。Liptonの紅茶ブレンドのティーバッグを3-4分間お湯につけて、それにお好みでレモン果汁とお砂糖を追加して飲んでいます。
お砂糖の代わりに蜂蜜、レモンの代わりに牛乳およびラム酒入れたりと、いろいろな飲み方はありますが、お茶を飲む文化はあまり浸透しておらず、風邪をひいた時に飲む程度で、それ以外は殆ど飲まないというのが実態です。
そんなハンガリーですが、実はブダペストには、探せば他国のお茶文化の代表と言えるお店があるのです。その中からいくつかを紹介したいと思います。
e0264394_5215899.jpg
Marumoto Japanese Tea Room

この喫茶店の経営者は日本人で、直接日本から茶葉を輸入しています。
日本産のお茶はハンガリー随一の品揃えで、抹茶、煎茶、ほうじ茶、玄米茶 そしてMarumoto特製ブレンド茶 等、数多くの茶葉を取り扱っています。その場で召し上げれる、抹茶ベースの飲み物(抹茶ラテ、抹茶ミルク等)やケーキ(抹茶チーズケーキ,マカロン等)も数多く提供しています。
抹茶以外にも、ほうじ茶、ゆず、ゴマなどの和風味付けの甘いものがいろいろあり、また、季節限定のスペシャル・メニューもあります。(例えば抹茶アイス入りのシュークリーム☆今年の夏も出して欲しいなぁ~) 甘いもの以外にも、おにぎり、おせんべい、サラダ等もあり、小腹がすいた際にはもってこいです。

もちろん、メニューには日本語も併記してあります。スタッフはあまり日本語が出来ませんが、とても分かりやすい丁寧な英語で対応してくれますので、言葉に自信がない方でも安心です。

ロケーションはすごく便利で、観光客が多く尋ねる聖イシュトバーン大聖堂のすぐ近くです。落ち着いた雰囲気で、かわいらしい和風の食器、テーブルにはいつも花が装飾され、ハンガリーの季節感を演出しています。午後のお勉強や女子会、街散策中の一休みにぴったりな、ハンガリー内では類を見ない茶房です。

連絡先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住所: Budapest 1051, Hercegprímás u. 9.【地図
電話番号:+36-1-269-2849
ホームページ:http://www.marumoto.eu/
メール: japantea@marumoto.eu
月~日:10:00~22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0264394_5223820.jpg
Flying Bird Teahouse

この喫茶店はハンガリー人が経営してる中国お茶文化専門のお店ですが、なんと言ってもまったくハンガリーらしくないところなのです。香ばしい後味の烏龍茶、素朴な味のプーアル茶を始め、中国風緑茶や紅茶まで、中国のお茶が幅広く揃っています。中国と台湾の代表的なお茶はほとんど手に入ると言えるお店です。また、お茶の豊かな香りを高める為、天然水(軟水)を使用しています。実はこれ重要です。
ヨーロッパ地区では殆どが硬水ですので、軟水自体がめずらしいのです。

1階のカウンターではお茶を買う前に試飲も出来、それぞれのお茶にあった美味しい淹れ方をアドバイスしてくれます。自宅でも本格的な味わい体験をしたい場合は、個人向けにテイスティング・セットを作ってくれます。お客様の口に一番合うお茶が発見出来るように、手間暇を惜しまず協力してくれる最高なサービスのお店です☆。
2階では中国風茶道具でお友達とお茶を飲みながらゆったりとした時間を過ごせます。
また、蓋碗(ガイワン)、粘土急須、茶道具等も幅広く提供していますので、さらに茶道を極めたい方でもご満足頂けると思います。

ちなみにスタッフの中には日本語がペラペラ話せる方もいらっしゃいます。
火曜日と金曜日が彼女の出勤日だそうですが、スタッフ全員英語が通じますので
一安心ですね。

茶葉は中国から直接購入しており、次回は4月10日に購買ツアーへ旅立つそうです。
その間2週間はお店がお休みとなりますが、その後はどんな珍しいものが入ってくるかが楽しみですね♪

インテリアはかなり独特で、お店に入るとどこかの倉庫に迷い込んだのではないかと錯覚してしまいますが、お店の構造をある程度理解すると喫茶店の質素でのんびりできる雰囲気が堪能出来ます。

連絡先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住所: Budapest 1075, Kazinczy u. 52, 【地図
電話番号:+36-1-950-6443
ホームページ:http://www.flyingbirdteahouse.co.hu/
email: info@flyingbirdteahouse.hu
月~金:12:00-21:00 土:14:00-22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0264394_523038.jpg
Kempinsky Living Room

5つ☆ホテル、Kempinsky CorvinusのロビーにあるLiving Roomというオシャレなバーはアフターヌーン・ティー・コースを提供しています。イギリスの伝統的なアフタヌーン・ティーをとても繊細に、少しずつハンガリー文化と融合し、かなりユニークな品揃いです。このコースは特にヨーロッパ・ツアー中で、ブダペストではあまり時間が取れない観光客へお勧めします。お茶に関しては普通に質が良く美味しいとは言えますが、前述の2つのお店と比較すると、ちょっと物足りないかもしれません。

今回は3段のケーキトレイの内容を是非とも紹介します。アフタヌーン・ティーの主役はなんと言っても、ケーキだと思います。日本では昼食や夕食後のスイーツというイメージですが、甘いものばかりではありません。でも、やっぱりケーキと言ったら甘いものですよね。因みに、ハンガリーにも甘いものは別腹という言葉があります。

まず1段目「Finger Sandwich」から行きましょう。3種類の小さいサンドイッチが出されます:
①マンガリッツァ・ハム②スモーク・サーモン③キュウリ&ゴーダチーズ
小さくて、可愛くてとっても美味しいです。
2段目はイギリスだと「Savoury」となります。イギリスで伝統的なアフターヌーン・ティーで提供してもらうスコーンの変わりに、一口サイズのレーテッシュが出てきます。ザクザクとした生地に、カッテージチーズやサワーチェリーフィリングは食感が軽くて、食べやすいです。
一番上の段は「Sweets」および「Fancy Cakes」となります。ハンガリーの有名なケーキを創造したオシャレなプチケーキが出てきます。メニューカードを読むと「Eszterhazy」、「Dobos」そして「Sacher」ケーキからインスピレーションが来ているそうです。これを読むまでは全く想像がつきませんでしたが、うんちくはともかく美味しいです。

時間はちょっと気を付けなければなりません。アフターヌーン・ティーは時間限定(土日も営業しています)で13時~18時となっています。値段はちょっと高くて、3400HUFです。

連絡先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住所: Budapest 1051, Erzsébet tér 【地図
電話番号:+36-1-429-4489
ホームページ:http://www.kempinski.com/en/budapest-afternoon-tea/
月~日:7:00~22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itadakimasu_hu | 2015-03-13 05:56 | お店
2014年前半レストラン・ウィークのお知らせ
e0264394_1613379.jpg
大人気レストラン・ウィークの詳細をお届けします。
通常どおり、大手レストラン予約 サイトのTableFreeDiningCityが期間をずらしてキャンペーン を計画しています。

TableFree Restaurant Week 2014
期間:2014年2月20日(木)~27日(木)
値段:レストランによって3つのコースで 3000HUF及び5000HUF (+チップ)

キャンペーンに参加している約50店のレストラ ンのリストを以下のリンクでご覧下さい。
予約期間がすでに始まりました。予約サイトへのリンクはこちらです。

DiningCity Restaurant Week 2014
期間:2014年3月17日(月)~23日(日)
値段:3つのコースで3.300HUF(チップ込み)

今回のキャンペーンに参加してるレストランの リストはまだ決まってませんが、ハンガリー全 国で100店以上だそうです。
予約サイトのリンクはこちらになりますが、予約期間は正式的に2月19日から開かれます。(DiningCityに登録してるメンバーは2月17日か ら予約できます)

是非ともチャンスを掴んで、新しいグルメを開拓してみてください。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2014-02-13 16:23 | お店
ハンガリーのクラッシクなカフェ
e0264394_151461.jpg
Zilaカフェはブダペストの最も優秀で評価の高いカフェの一つです。現在まで選ばれたハンガリーの代表ケーキ7つのうちの4つ、そして無糖部門の代表ケーキ2つのうちの1つがこのZilaで作られたもので、ペストリー界でも非常に地位の高いお店です。この代表ケーキとは毎年行われるペストリーコンクールで受賞したケーキのことで、1年間ハンガリーを代表するケーキとして扱われます。Zilaではこのケーキ全種類が味わえます。そんなお店の雰囲気そしてケーキには、コーヒーではなくTokajiの甘いワインが合うと個人的に思っています。

Zilaはブダペスト中心ではなく、ペスト側南部の18区、フェリヘジ空港に行く道路を少し離れたところのブダペストで一番長い道、Üllői út にあります。この静かな田園郊外の庭付き一軒家ばかりの穏やかな町並みから一際目立つ、100年以上の歴史を持つ立派な建物です。この辺りがまだ田舎だったころ、Szemere Miklós伯爵によってこの射撃用練習館が建てられました。現在のインテリアもアンティーク調でクラッシクなスタイルを持つ豪華な建物です。壁には100年以上の歴史を現すマスケット銃などの古い武器が飾ってあります。
e0264394_7513594.jpg

この建物は1980年代からZila Laszloによってカフェとして設けられました。それから短期間でこの辺りに住んでいるエリートの社会生活の中心となり、やがて遠くからもお客さんが来るようになりました。今ではカフェの美しい庭で多くの有名人のウェディングパーティーが行われる程の人気で、その中でも一番有名なのはソフィア・ローレンの息子さんのウェディングパーティーでした。

ケーキの種類も多く品質も非常に高いですが、見た目は昔ながらのスタイルです。最近流行しているデザイン製菓のトレンドの影響はあまり見られず、ほとんどのケーキは三角形のままです。しかし、他のケーキ屋の三角形のケーキとは違うところがあります。その違いはケーキを作る技術にあり、Zilaにはオリジナルのケーキ型が使われています。型については以下ホームページの画像からご覧ください:
http://www.zilakavehaz.hu/zila-tortaformak/
この型で作るとケーキのフィリングがとてもクリーミーな状態になり、無駄にゼラチンやスターチなどを追加する必要がなくなります。型はZilaカフェの店内、またはカフェのウェブサイトからでも購入できます。
e0264394_7525359.jpg

スタッフは非常に丁寧で、親切な態度でお客さんを迎えてくれます。
カフェ全体の清潔度は(お手洗いを含めて)非常に高いです☆
もし手際の悪い若いウェイターかウェイトレスがいたら、それは観光学の研修生かもしれません。
この評価の高いカフェで研修を希望する学生さんが多いそうです。

店名:Zila Kávéház
連絡先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住所:Budapest 1183, Üllői út 452.【地図
電話番号:+36 1 290 2417
ホームページ:http://www.zilakavehaz.hu/
メールアドレス:mail@zilakavehaz.hu
経営時間:毎日:10:00~22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-11-14 19:41 | お店
SUGAR!のパリ・コレクションとそろそろお別れ
e0264394_2127166.jpg
SUGAR!のパリ・コレクションにお気に入りのケーキがあった場合は、お店を来週中によった方がいいですよ。最後に食べるチャンスになる可能性は高いです!11月5日にSUGAR!の新しいケーキコレクションがやっと発表されます!!!
今回のコレクションは今までと違って、有名なファッション都市ではなく、子供の頃の想像上の場所に触発されています。
テーマはお菓子のお国:Candylandです!!! 楽しみですね♪
e0264394_21282064.jpg
来週はパリとCandylandとの間の移行期間になりますから、パリ・コレクションのケーキの種類は段々と減っていくと思われます。この不便な状態と引き換えに来週は以下の3種類のの新しいパイが発表されます。パイが好きなそしてパリ・コレクションのケーキを最後に食べたい方々は来週是非ともSUGAR!をお尋ね下さい。
e0264394_21283893.jpg
Sugar!についてもっと詳しい情報を知りたい方に以下のリンクをオススメします:
ハンガリーグルメブログのSUGAR!の紹介した以前の記事
SUGAR!SHOPオフィシャルウェブサイト【英語】です。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-10-27 22:01 | お店
ブダペストの海水魚料理店
e0264394_4491085.jpg
やっとうまい魚料理を食べられるレストランがもう一軒できました。以前紹介したHalkakasという魚ビストロにはハンガリーで釣った魚から作られた料理が売っています。今回紹介する今年の3月にできたBIGFISHには海の魚の種類が幅広く揃っています。アンドラーシ通りにできたBIGFISHの経営者はブダオルシの魚市場を経営しているPLP Seafoodでもあります。Nobuの魚業者でもあるPLP Seafoodは魚の品質に関して心配はありません。

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-08-14 16:47 | お店
ハンガリー東北の涼しい都市
e0264394_2381517.jpg
今月は私の誕生日でした。毎年誕生日会を開いてくれるので、私は、それまで生きてきた人生をゆっくりと振り返るように、故郷のミシュコルツへと帰ります。自然が美しく、人々も穏やかなミシュコルツへ帰る度、いつも心が落ちつきます。
しかし、残念なことに、この私の愛している故郷は、実際のところ、評判がすごく悪いのです。多くの人は「汚い工業都市」というイメージを持っています。でも、このイメージは、現在のミシュコルツのほんの一部に限っていえることで、全てがそうであるとはいえません。ミシュコルツは、長い歴史の中で町並みの景色は大いに変化を遂げたりと、歴史の面においてもとても興味深い、面白い町です。また、ブック山に抱かれて、夏はちょっと涼しくて、冬は雪がとっても綺麗に積もる特別な魅力を持っている、そんなところです。

今回はこの不当に過小評価された私の故郷を、皆様に出身者の目で紹介させていただきます。興味を持ってくだされば、私にとっては本当にありがたいことです。
e0264394_4583745.jpg
・Tapolca・
ミシュコルツの一番人気である観光アトラクションはタポルツァの洞窟温泉です。(Tapolcai Barlangfürdő) 洞窟温泉の水温は約30度と、日本の温泉よりは少し低いかもしれませんが温い方で、塩分が低いため、入浴時間が医学的には限定されていません。関節痛を軽減する効果があると有名な温泉です。夏(6~8月)は毎週土曜日に「Bathing at Night」という8時から10時まで、夏の星空を眺めながら外のプールを楽しむ特別なプログラムがあります。(HP:http://www.barlangfurdo.hu/barlangfurdo
また、洞窟温泉の近くには、ボート遊びができる湖があります。湖の周りの森にはボブスレー(Bobpalya)やロープコース(Kalandpark)が設けてあり、自然溢れる環境の中で楽しい時間を過ごしたい方にオススメの場所でもあります。

Murphy's Irish Pub, Restaurant & Garden
e0264394_5265794.jpg
住所:3508 Miskolc, Május 1. telep 25./a 【地図
電話番号: 36 46 560 385
メール: info.murphys@gmail.com
HP: www.murphysetterem.hu
営業時間:月~日: 11:30~22:00

タポルツァすぐ近くにある、ミシュコルツ大学の真正面にあるMurphy`s は、アイリッシュ・パブをかんじさせるとっても居心地の良いのレストランです。
インテリアはパブに似ていますが、本格的なパブの暗い雰囲気ではなく、おしゃれな感じを醸し出している場所です。
革張りの椅子に座れるし、観賞用の暖炉が置いてあるため、建物の中は本、当にくつろげる環境になっています。
サッカーを見ながら、アイリッシュ・ビールを飲んで、それにぴったり合うステーキ料理食べる。ちょっと女性よりは男性向けの場所と言えるかも知れません(笑)特に夏のテラスは、飲み会には理想的な場所だと思います。
e0264394_459015.jpg
・町中心・
ミシュコルツの町中心には、歴史的な歩行者専用通路のメインストリート(=Szechenyi Istvan utca)があります。小さいカフェがたくさん並んでいるので、歩いているだけでもとても楽しくなる、そんなストリートとなっています。ミシュコルツのアイスはとても美味しいですよ!試してみてくださいね。

ディオーシュジュール(場所の名前)に行く予定がない場合は、ミシュコルツのアイスをオススメします。私のイチオシのアイス屋さん情報は、後ほど。。。

毎月の第一週間目の日曜日にはアンティークフェアというかフリーマーケットというか・・・とりあえず面白いもの安く発見できる楽しいフェアが行われます。だいたいVaroshaz terからKazincy Ferenc utcaまでいろんなお店がずっと並びます。

Kispipa Halászcsárda
e0264394_16585862.jpg

住所: 3525 Miskolc, Rákóczi u. 4.【地図
電話番号: +36 46 346 911
メールアドレス: kispipahalaszcsarda@gmail.com
ホームページ:http://kispipahalaszcsarda.hu/
営業時間:毎日:11:00~23:00

ミシュコルツで一番古くて、一番有名なレストランです。揚げたカエルの足やカニの爪など、ティサ川の魚料理を出す伝統的なレストランです。私の大好物は、全国で有名になってるティサ風サワークリーム入りハラースレー(Tiszai módon készült korhely halászlé)です。私の家族もクリスマスは、お菓子作りで忙しくなるので、クリスマス・イブのハラースレーは、私が生まれる前から、ずっと、ここのレストランへオーダーしています♪ 魚料理の他には、ハンガリーの伝統的な料理、また、高級グルメ好きな人の為に様々なゴージャスなプレート料理もありますよ。

e0264394_23543133.jpg
・Diósgyőr・
ディオーシュジュールとミシュコルツは元々別の町でした。ディオーシュジュール城の回りには、華やかな文化の町が発達していたことが確認されています。
現在のお城は、13世紀に建てられたと考えれらていますが、考古学の研究者たちは、青銅器時代からの歴史があることを示唆しています。
ラヨシュ1世の治世(1342- 1382)、ハンガリーとポーランドが同君連合だった頃、ディオーシュジュールはハンガリー北部に位置しており、黄金期といわれる時代を送っていました。同君連合が終わった後は、ディオーシュジュール城と町の必要性は弱まり、20世紀前半には、ミシュコルツとディオーシュジュールの間にバスラインとトラムラインを設け、1945年、正式に統一されたのです。でも、実際に一つの町として行動し始めたのは、共産主義時代に鉄鋼業界中心になった時からでした。

※ディオーシュジュールのお城の近くには、アイスがとても美味しいKisgergely Cukrászdaというケーキ屋さんがあるので、近くに立ち寄った際は、ぜひともお尋ね下さい。
e0264394_0155911.jpg
住所: 3534 Miskolc, Miskolc Nagy Lajos király u. 9-13.【地図
営業時間:毎日:9:30~19:00
電話番号: +36 46 531 240
ホームページ:http://www.kisgergely.hu/index.php?lang=2
メール: kisgergely@chello.hu


Végállomás Bistorant
e0264394_16592274.jpg

住所:3534 Miskolc, Dorottya u. 1 【地図
電話番号: +36 46 402 952
HP: http://www.vegallomasetterem.hu
メール: info@vegallomasetterem.hu
営業時間:毎日11:30-22:00

このレストランの建物は元々リラフーレッド森林鉄道の町側の最終駅の待合室であり、Végállomásという名前も最終駅という意味です。
2011年に綺麗に改装されて、ビールもワインも気楽に飲める雰囲気のフランスシックなBistorant(=ビストロ+レストラン)になりました。
地元のお客さんも足を運ぶ、材料の鮮度と品質を非常に大切にするビストロ・レストランです。メニューの最初のページにはシェフのオススメ料理や季節の食材を使った料理が記載されています。

e0264394_015232.jpg
・Lillafüred・
ミシュコルツを抱いてるブック山には、様々な可愛い村や綺麗なハイキング道があります。涼しくて夏の暑さを和らげる理想的な場所だと思います。
ブック山の一番有名は観光地は、ディオーシュジュール中心からわずか7km離れた、リラフレドという町です。
森林鉄道駅に車を停めて、そこから電車で行くとブック山のいろんな美しい景色を見ながら快適にリラフレドまで行くことができます。
Lillafüredの中心にはPalotaszállóという、1920年代に立てられた豪華なホテルがあります。ホテルの中には3つのレストラン、2つのバー、そして石灰華ワインセラーがあります。ワインセラーで試飲をしたい場合は事前予約が必要となります。(最低人数10人)
ホテルの正面にある湖ではボート遊び、裏手には、山の奥まで続く公園があり、ゆったりと自然を楽しみながらのお散歩、洞窟探検などの体を軽く動かすいろんなアクティビティーがあります。

・Lillafuredi Pisztrángtelep・
e0264394_16593858.jpg

場所:LillafüredとÓmassaの間の道沿い【地図
電話: 06 46 370 922
メール: hoitsy@t-online.hu
ホームページ: http://www.pisztrangtelep.hu/

ここは、ブック山の綺麗な清水で生育した魚の繁殖地でもあります。主にマス類の魚を養殖しています。
生魚や薫製魚は一年中販売されています。薫製魚は、一晩12種類のスパイスのブレンドした特製の塩漬けをした後、冷燻して、ブナの樹皮でさらに燻煙し、最後に鋸屑の上にキツネ色になるまで燻煙するという方法で作られています。
5月~9月までは期間限定で焼き魚が楽しめます。釣った魚を8種類のスパイスと2種類の小麦粉でまぶして焼いた、皮がパリパリしていて美味しい焼き魚を食べることができます。
上記の焼き魚の他に、7月から毎週木曜日にはシンプルにグリル魚、金曜日にはオーブン焼魚、土曜日に薫製の魚のサラダも出されます。

注意:付近は駐車所がほとんどありませんので、車で行く場合はLillafuredに車を止停めて、BánkútとSzentlélek方向に約5キロほど歩きながらお腹を空かせて、目的地までむかってください。

最後にミシュコルツへの旅行に対するもう一つの有力な賛成論を書かせていただきます:ミシュコルツまで来ていただければエゲル、アッグテレキ、トカイまで1時間ぐらいで行けますよ!東北ハンガリーを見て回りたい方には、うってつけの中心置になっています。ぜひ、ミシュコルツへ!
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-07-29 02:50 | お店
同じ料理を二度と出さないレストラン
e0264394_11521243.jpg
東駅から歩いて10分のとこにある「Olimpia」レストランでは、特別なグルメ経験があなたを待っています。このレストランは、だれもが今まで抱いていた感覚を覆すようなレストランです。

それは、一番フレッシュな食材しか使わず、よりよいものをお客様に出し、食事の雰囲気を重んじ、そして、レストラン経営で発生する無駄は最小限にする、という環境にも優しい経営方針からも伺えます。
もちろん、決められたメニューはありません。信頼するサプライヤーや市場のベンダーが提供するものからシェフが触発される食材だけを毎日購入し、その日だけのメニューを作ります。その日のメニューは、レストランの壁にある大きな黒板には書いてありますが、確実にその中から何が出てくるかは料理がきてからのお楽しみ、シェフのお任せ料理となります。つまり、来店したお客さんは食べたいコースの数だけを決めて出てくる食事を楽しむ、という、なんともユニークなスタイルのレストランなのです。

でも、営業時間は決まっています。ランチは12時から15時まで。この時間のあいだであれば、いつ入店しても構いませんが、15時には必ずお店が閉まりますので、ご注意ください。ディナーは、事前予約が必要の7時入店、という制度になっています。7時から順に料理が運ばれ、料理と料理の間には歓談の時間がおかれ、最後のコースデザートは21時ぐらいになりなす。

値段もコースの数で変わります:
日替わりランチメニュー
メインコースのみ: 1600 Ft
2つのコースメニュー: 1950 Ft
3つのコースメニュー: 2250 Ft

日替わりディナーメニュー
4 つのコースメニュー: 5 900 Ft
5つのコースメニュー: 7 000 Ft
6 つのコースメニュー: 7 900 Ft
7 つのコース:メニュー 8 500 Ft
※毎週火曜日だけの魚ディナーは、このレストランのスペシャルメニューでもあります☆
e0264394_1153366.jpg

毎週火曜日だけの(通常は)7つのコースメニューのみ楽しめる料理となります。魚は、トリエステ・ミラノの魚市場で購入したものを使用し、シェフがその日に仕入れた食材とのバランスで、1人あたりおよそ10000~13000HUFでお楽しみいただけます。

水道水と炭酸水(ミネラルウォーターではない)は無料で何杯も飲めますが、それ以外の飲み物は、ドリンクメニューから(有料)選択ください。食事に合うワインの選択に迷った時は、ソムリエがいますので、きいてみてください。
また、レストラン手作りパンも食べ放題となっています。

このレストランでの注目点はもうヒトツあります☆常連客でもある、Olimpiaのクリエイティビティーに触発された一人の陶芸家が、レストランの為に美しいお皿をつくったのです。同じ料理をいつもとは違うお皿で料理を楽しむことで、また一味違う雰囲気を味わうこともでき、面白いグルメ経験ができることではないでしょうか。

連絡先
店名:Olimpia Vendéglő
電話:+36-1-321-2805
住所:Budapest 1076, Alpár utca 5. 【地図
ホームページ:http://www.alparutca.hu/


営業時間:
月~金: ランチ:12~15時、ディナー:19~22時;
土:デイナー: 19~22時
日・祝:CLOSED
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-04-25 13:09 | お店
乳製品天国のハンガリー!!
e0264394_3363423.jpg

1989年の政権交代後、ハンガリーには外国からたくさんの製品が入ってきて、それまでハンガリー人が経験したことのないくらいの種類豊な製品がハンガリーにありふれました。時代と共に競争が段々激しくなってきた今、小さなハンガリーメーカーは、多くの外国企業に負けてしまい、破産する傾向にあります。
例えば、ヨーグルトを買おうと思えば、スーパーにいって乳製品コーナーに足をむけると、確かにいろんなものから選択できますが、商品の80%近くはDanoneです。
ハンガリーの牛乳も果物も美味しいのに、もったいないな、という感じがします。

そんな中ハンガリーでは、Cserpes Istvanさんという、素晴らしいビジネスマンが誕生しました。彼は、ハンガリー人の国産乳製品を買いたいという強い要求に応えて、活動を起こした人です。彼は, Kapuvar(カプヴァール)というSopron(ショプロン)の近くにある小さな町に工場をつくり、地元農家の牛乳と果物を取寄せ、無添加の美味しい乳製品の生産を始めました。そんな彼が選んだ販売処は、スーパー(Spar,CBA等)やスーパーマーケット(Tesco,Auchan)ではなく、市場のパン屋さんや肉屋さんといった直営店的なお店でした。最初は、お店ごとに20個だけ置いたりして、消費者にとっては、すごく入手困難なものでしたが、顧客の要求に応えるように、量を少しずつ増やしていきました。そんな人気を集めて、2012年の夏、ついにCserpesの1号店、Tejivó(お店の名前は『テイイヴォー』)ができました。
e0264394_1748279.jpg

「Tejivó」というのは日本語に直訳をすると、「牛乳飲み屋」という意味です。実はこの名前、ハンガリーから消え去ってしまったお店のひとつなのです。私の母が子供だったころは、毎朝学校へ行く途中でTejivoへよって、温かいココアを飲んで、フレッシュなお菓子パンを食べたらしいです。サービスが早くて、値段も手頃で、フレッシュなものを食べれる場所でした。子供でも通える、カフェのはしりのような感じだったのでしょう。

Cserpesさんが復活させたTejivoは、昔のTejivoと似てる場所も、異なる場所もあります。でも、基本コンセプトは同じです。焼きたての美味しい菓子パン(Kakaos csiga、Turos batyu等)と一緒に、国産の牛乳をつかった、いろんな冷たい飲み物や温かい飲み物をお客さんに提供する、ということです。最近のビジネスは、昔と同じことをしていてはうまくいかないのは当たり前なので、Cserpesが元々作ってる、いろんな乳製品(ヨーグルト、トゥロー・ルディ、チーズ等)も一緒に売ることにしたようです。もちろん健康に気をつけてる人が多いので、サラダ(果物サラダも♪)、野菜がたっぷり入ってるサンドイッチも売られています。Mangalica sonka(マンガリッツァハム)のサンドイッチ等の特別なハンガリーの味のサンドイッチもオススメです。
機会があればこの懐かしくてクールな感じのお店へ、是非とも行ってみてください。
e0264394_17474483.jpg

現在は2号店もでき、両方とも営業中ですが、まだ正式に発表されていません。近い将来、ブダ側にもお店ができるそうですよ☆

連絡先:
メールアドレス:info@cserpestejivo.hu
ホームページ:http://www.cserpestejivo.hu/
住所:(Deak店)1052 Budapest, Sütő utca 2‎【地図
   (Corvin店)1082 Budapest、Corvin köz 映画館の前【地図
営業時間:月~土:7:30~22:00 日:9:00~20:00

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-03-07 16:35 | お店
レトロな菓子パンのかっこいい変身
e0264394_6324117.jpg

先週は、ブダペスト西駅の手前、Nyugati広場に新しくオープンしたベーカリーカフェのBITE Bakery Caféを紹介したいと思います。

ハンガリーなら、スーパーのパン売り場に行っても、どこのパン屋さんでも、必ず目にする菓子パンは「Kakaós Csiga」です。日本語に直訳すると「ココアカタツムリ」です。ココアロールという名前をつけたら解りやすいかな。パン生地にココアを塗りロール状に巻いた、カタツムリの形をしてる菓子パンです。これは、1908年にGöd(グッド)というブダペスト周辺にある町で始めて作られたパンで、今日に至るまでの100年の間、変わらない人気度を保つ、ハンガリー人は大好きな菓子パンです。もちろん、普通のパン屋さんでもいろんな種類があります:
・ココアの代わりにシナモンが入ってる fahéjas csiga(シナモンロール)、
・ココアロールの上がチョコでコーティングされたcsokis csiga(チョコロール)、
・ココアの代わりにピザソースが入ったpizzás csiga(ピザロール)
全種類お勧めです!!!
さて、今回紹介する、このお店では、もともともおいしいココアロールを、もっと美味しくしようと考えられた菓子パンを扱っています。
たとえば、Duplacsokis Mazsolas Csiga「レーゾンがトッピングされたダブルチョコロール」やMascarpones Kakaos Csiga「マスカルポーネ入りココアロール」です。
e0264394_2395363.jpg

Perec(ペレツ)、日本語でいうとプレッツェルという塩味の独特な形のドイツで有名なパンは、ハンガリーが発祥の地でなくても、ブダペストの町並みにすごく合うパンのひとつだと思います。子供が動物園を歩きながら食べるには、一番適切なスナックではないでしょうか。ヨーロッパ各国で、それぞれのスタイルのプレッツェルがありますが、ハンガリーのプレッツェルは比較的、他国よりもちょっと大きくて細く、ドイツやオーストリアのよりはちょっと乾燥していて、シンプルな味をしてるけれど、ルーマニアなどよりは生地がまだ柔らかい、そんなパンのように感じます。
伝統的な味付けはプレーン生地に大粒の塩を振りかけたものですが、最近はチーズを振りかけたものなど、映画館などのいろんな場所で見かけられます。
BITEでは、サラミとチーズ等のお腹ををいっぱいにするような材料を使った、新しいタイプのPerecをお買い求めいただくことができます。また、パンに合うディップ用ソースの提供もしています。今までにない、ハンガリーのパンを試してみてはいかがでしょうか。
e0264394_240439.jpg

朝7時からオープンしているので、仕事や学校へ行く途中に、是非とも一個買ってみて、コーヒーと一緒にいつもとは違うハンガリーの朝を楽しんでみてください。

連絡先:
メールアドレス:info@bitebakerycafe.hu
住所:1066 Budapest、Teréz körút 62【地図
営業時間:月~土:7:00~20:00 日:8:00~19:00

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-02-21 16:41 | お店