カテゴリ:その他( 18 )
レストランウィークのアンコール
e0264394_19195262.jpg
10月に行ったDining CityのレストランウィークのランキングでTOP10なった10店のレストランのみを参加させて11月11日 ~17日にレストランウィークのアンコールが行われます。条件は元々のキャンペーンと同じです:ウェブサイトを通してテーブルを予約すれば、わずか3300HUFでレストランのキャンペーン向けの特別な3コースメニューを召し上がれます。

以下の10店のランキングは3500人のお客様の評価に基づいて選択されました。

① Manna étterem
② Fuji japán étterem
③ Vogue hajó-étterem
④ Duna Garden étterem
⑤ Kakas étterem
⑥ Prime Steakhouse
⑦ Trattoria Mamma
⑧ Kárpátia étterem
⑨ ARAZ étterem
⑩ Peppers! Mediterranean Grill

テーブルの予約は以下のリンクから可能です。
http://www.etteremhet.hu/lang/en
リンクは11月4日午前7時から有効になります。
予約できるテーブルの数は限定されていますから、予約を考えたら7時の時点で予約をしておいた方がいいと思っています。

レストランウィークは本当に人気度の非常に高いキャンペーンみたいです。お客様の要求に応じて、11月22-29日にTableFreeもレストランウィークを手配すると発表しました。
TableFreeのキャンペーンはDiningCityとちょっと違って、3コースのメニューは2つの価格帯に別れています:

3000HUFメニュー
Art Bistrobar
Balettcipő Étterem
Budai Gesztenyés Etterem
Búsuló Juhász Restaurant
Café Alibi
Chagall Café and Restaurant
Chez Daniel
Detto Bisztro
Don Leone Restaurant
Eszencia Vendéglö & Vinoteka
Imázs Club & Restaurant
Kánaán Kisvendéglő
La Guna Étterem és Mori Sushi
La Perle Brasserie
La Perle Noire Restaurant & Lounge
Lisztró Bor.Gasztró.Bisztró
Magyar Izek, Magyar Haza
Margitkert Etterem
Marquis de Salade
Márványmenyasszony Etterem
Mechwart Pince
Müvész Kávéház és Etterem
Nádor Magyaros Borétterem
nU Bor és Bisztronomia
Oléo Pazzo (Courtyard Marriott)
Paris Budapest Restaurant
Peppers! Mediterranean Grill
Pesti Disznó gasztrobár
Ring Cafe & Gurmet Burger Bar
RISO Ristorante & Terrace
Rivalda Cafe & Restaurant
Rose Restaurant
Tacos Locos

5000HUFメニュー
Balzac 35
Borssó Bistro
Budapest Bisztró
Buddha Bar Restaurant
EgyKettő Borbisztró és Fröccsliget
ÉS Bisztró
Fuji Japanese Restaurant
Nobu Budapest
Ristorante Krizia
Spoon Cafe & Lounge
Vén hajó-étterem

予約リンクは以下です。
TableFree Restaurant Days 2013

キャンペーンに参加してるレストランの中で興味のあるお店をみつけたら、是非チャンスをつかんで、早めに予約をして下さい。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-11-03 19:25 | その他
バラトンのグルメ旅行記 【4日目】
旅程:Balatonlelle→Siófok

いよいよこの旅行の最後の朝がやってきました。起きてフェイスブックを確認すると、エステルの高校生時代の友達からメッセージが来ていました。BalatonlelleにいるならMarton Cukrászdaの名物ケーキを是非食べてみてね!というメッセージでした。

美しいお風呂場に「また会おうね」と別れの挨拶をして、Kishegyを自転車で降りて、Balatonlelleの町へとケーキ屋を探しに走り出しました。地元の人々に場所を教えてもらって、ちょうどお店がオープンする頃に目的地に着きました。迷わず、私たちは勧められたLellei Álomというケーキを朝ごはん代わりに注文しました。結構素敵なケーキが出てきました。小さくカットされた三角形のスポンジケーキにヌテラのレイヤーが!アイスケーキのようなケーキにホイップクリームとチョコレートシェービングのトッピングがかなり贅沢な朝ごはんでした。
e0264394_2012337.jpg
店名:Márton cukrászda
住所:Balatonlelle, Rákóczi utca 239. 【地図
電話:+36 (85) 554-950.
****************************************************



朝ごはんをすませた私たちが次に向かった先は、予定していたBalatonszemesという、隣町にあるレストランでした。Kistücsökは、去年、バラトンTOP5レストランでも述べましたが、バラトン周辺の最優良レストランとして知られているところです。今まで食べてきたレストランの中でも本当に美味しいレストランはいくつかありましたが、Kistücsökとは、レベルがやっぱり違います。まずワインレストランといわれているBacchusよりもワインの種類がはるかに多いです。ワインメニューのボリュームを見るだけでも圧倒されてしまうほどです。
ハンガリーでも日本と同じように、お酒を飲んで自転車に乗ることは車同様に飲酒運転とみなされるので気をつけてくださいね。警察に捕まえるとひどいことになるので、今回、私は飲みたいのをグッとこらえて、Irsai Oliverを100mlだけにしました。

飲み物をオーダーすると、まず最初にレストランのウェルカムプレートが出てきました♪ 春のロール・キャベツ、パプリカソースとコリアンダーで味付けされたサワークリームという、とても軽くて美味しいウェルカムプレートでした。
e0264394_202172.jpg

私が今回オーダーしたメイン料理は、Friss házi sajt grillezve, mogyorós uborkasalátával és barnarizzsel(ホームメイドチーズのグリル、ピーナッツトッピングのきゅうりサラダ、玄米)でした。玄米を食べてホームシックになっちゃった、やっぱり…何日間も続いてレストランの料理ばっかり食べていると、炊飯器で炊いた、普通の白いご飯が食べたくなりますね。Kistücsökの玄米はネギなどと一緒に炊いてあって、オリーブ油も入ってて結構ヨーロッパ風味でしたが、それでもこのカテゴリーでかなり美味しい玄米でした。キュウリサラダも美味しかったですよ~♪
e0264394_2022067.jpg

エステルが注文したMedvehagymás és parmezános rizottó posírozott tojássál (熊ネギとパルメザンチーズのリゾット、半熟玉子付き)は私にはちょこっとだけ塩辛かったですが、もともともリゾットがあまり好きじゃない人だったら、どんな素晴らしいリゾットが出てきても文句を言うかもしれません(笑)エステルは美味しそうに食べましたが。
e0264394_2023892.jpg

私はデザートに、Házi krémes gyümölcshabbal (ホームメイドクレーメシュとフルーツムース)をオーダーしました。ケーキ屋で売ってるクレーメシュと違って、生地が結構膨らんで、パリパリしてたので、ちょっと食べにくかったですが、味は良かったです。
そして、今回も、エステルがオーダーしたデザートの方が美味しかったです。エステルは甘いもの選び方が上手でうらやましいです。彼女はがオーダーしたのは、Napi torta ajánlatunk(日替わりデザート:今回は、カッテージチーズ団子とイチゴムース)。ホームメイドのカッテージチーズの濃度さがパーフェクトで、バニラと砂糖の絶妙なバランスも最高でした。私がオーダーした、何のフルーツを使ったムースかわからないものより、はっきりしたイチゴの味がするエステルがオーダーしたムースの方がはるかに美味しかったです(泣)
e0264394_202506.jpg
e0264394_20258100.jpg

店名:Kistücsök étterem
住所:Balatonszemes, Bajcsy-Zsilinszky u. 25. 【地図
電話:+36 (84) 360-133
メール: kistucsoketterem@t-online.hu
ホームページ:http://kistucsok.hu/
****************************************************


当初の予定では、バラトン一周を完走するのではなく、南方にある大きな町、Siófokまで自転車で行って、そこから電車に乗って帰ってくる予定でした。けれども午後の天気がおかしくなってきて、雨がザーッと降ったり、やんだり、また降り出したりしたので、テンションがかなり下がってしまいました。景色も結局前の日とあまり変わらなくて、道も平坦な道で、自転車に乗っていても面白みがなくて...正直言って、バラトン南沿いを走ることに飽きてきてしまいました。Balatonszárszóの駅を通りすぎた頃、ちょうど「ブダペスト南行きの電車が5分遅れます」という放送が耳に届き、余計に気持ちが沈んでしまいました。恥ずかしいことに、目的地としていたSiófokまで頑張れきれず、15キロ前のBalatonszárszóで終了。帰りの電車に乗り、私の挑戦は幕をおろしました。

《さいごに》
今回の旅行では、夢だったバラトン湖一周をほぼ達成することができて、とても嬉しく思います。ハンガリー人の目からみたバラトン湖はいかがでしたか。今回の紹介では、ガイド本だけでは伝えきれない、いろんな美味しいレストランやワイナリー、美しい建物と自然が、実は調べると、もっといっぱいあるんだ!ということに気づいていただけたら幸いです。正直なところ、アタリとハズレがとても激しい観光地ですが、一回ぐらい行ってみる価値はあるのではないでしょうか。
ぜひ、今年の夏はバラトンを尋ねてみてください。そしてハンガリーのグルメブログに感想、体験談、困ったことなどなど、ご連絡下さいね☆お待ちしております。

バラトン湖に関する過去の記事************************
バラトン湖を楽しみましょう ・ 第1集 レストランTOP5
バラトン湖を楽しましょう ・ 第2集レトロ風焼き魚
バラトンのグルメ旅行記 【1日目】
バラトンのグルメ旅行記 【2日目】
バラトンのグルメ旅行記 【3日目】
********************************************

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-21 20:36 | その他
バラトンのグルメ旅行記 【3日目】
旅程:Keszthely→Balatonlelle

3日目の朝は寒かったので、気温が少し上がるのを待ってからKeszthelyを出発しました。

午前中に出発した私たちがバラトンの一番西に辿り着いた頃、やっと空が晴れてきました。バラトン湖の水が太陽の光を浴びて、キラキラと輝きだしました。また、線路の向こう側にみえた、牛の群れの中に一匹だけ灰色の牛をみつけて、私のテンションは更に上がりました☆

素敵な一日が始まる!そんな気持ちでワクワクしていました。
e0264394_1933337.jpg

バラトン湖南沿いは、完全なる平地なので、自転車で動くのには非常に楽しかったです。自転車道も北沿いより広く、走行可能な場所が多かったです。でも、時々、急に「Balatonkör」という表示の正式な車道表示になっていたりと、町からの抜け道の一部になっていたりして、ちょっと道が分かり辛かったりもしました。景色の移り変わりも北沿いより少ないです。自転車道からはビーチ、住宅地、線路、駅、そしてまたビーチ、住宅地、線路、駅の繰り返し、永遠に同じ道が続くように感じられます。 
e0264394_19273583.jpg
お昼頃には丁度Fonyódという町に着きました。軽く食事をしたかったので、私は、焼き魚にを食べました。Fonyódi Halsütöde はウナギも扱っているうえ、Balatonで釣れるいろんな種類の魚も焼いてくれるので、選択するのが大変でした。悩んだ末、私は、ブリーム(コイ科に属する淡水魚)を選びました。でも、出てきたブリームは小さく、骨を全部とったら、一口分くらいしか食べるところがなく、ハズレでした。魚と一緒に頼んだパンの一切れは結構大きかったので、とりあえずこれで夕食まで我慢しようと思いました。ウナギを注文すればよかったな...と思いながら、また自転車に乗って走り出しました。
e0264394_19265553.jpg
店名:Fonyódi Halsütöde
住所:Fonyód、 Bélatelepビーチの手前線路を渡った所【地図

***************************************************

Balatonboglárという町に着き、水辺ではなく、Kishegyという丘へ向かいました。やっと景色が変わってきて、道沿いにはブドウ畑がみえてきました。いくつかの丘を越えて、Konyári pincészetというワイナリーに辿り着きました。Konyáriさんが出迎えてくださって、ブドウ園にある豪華なカントリーハウスに連れて行ってくれました。私の目には豪華に映りましたが、日本人からみたらどんな感じでしょうか。写真から想像してみてください。
e0264394_19293437.jpg
e0264394_19291153.jpg
お庭もすごく懐かしい感じがして、心が落ちつくようでした。建物の中もまた、本当に、感動ものでした!!昔のヨーロッパの田舎の気高くて、シンプルで、綺麗なお部屋でした。おばあちゃんの家ではなく、子供のころ何回か尋ねた思い出がある、曽祖母の家にある「tiszta szoba」(客間ではあるが、昼間は利用してない綺麗なお部屋)のような部屋でしたが、広さは違い、2倍ぐらいの広さはありました。こんな空間が現在でもこの世に存在していることだけで、私は本当に幸せでした。
e0264394_19283294.jpg
e0264394_1928544.jpg
お風呂場はベッドルームよりも好きでした。扱っている材質などが更に懐かしい感じを与え、美しいお風呂場でした。本当に特別な美的経験でした。プラスチックから作られた道具や家具、化粧品や化学薬品がまったくない、ナチュナルで素晴らしい空間でした。お風呂に入るときはまるで昔の貴婦人であるかのような感じでした。欲を言えば、トイレだけを別部屋にしてくれたら完璧♪と思いました。バラトン湖を一周する4日間で、ここが一番ハンガリーで魅力的なところにみえました。
e0264394_19324852.jpg
ダイニングと台所は別々の建物でしたが、それもとても素敵だったので、もちろん写真をとりました(笑)家具もキッチン道具も、昔の田舎の生活の本格的なもので、とても可愛かったです。電子レンジとケトルを壊してしまいましたが…
e0264394_19322116.jpg
e0264394_19323686.jpg
アパートメントを出て、山の上に向かってさらに200mを上ったところに、Majtényi PrésházというKonyáriさんが経営しているレストランがあります。バラトン湖で一番景色が綺麗といわれているのでみにきましたが、残念ながらまったく晴れてない夕暮れだったので、風景は完全に灰色…非常に残念でした。気分を入れ替えて、とりあえず料理を頼みました。私はVörösboros vadpörkölt és galuska(赤ワインの鹿シチューとガルシュカ)そしてエステルはZsályás camemberttel töltött csirkemell és burgonya(サルビア/セージとカマンベールチーズ入りの鶏胸肉のフライとポテト)を食べました。両方とも家庭的な味でとても美味しかったです。
e0264394_193013100.jpg
e0264394_19303419.jpg
夕食だったので、エステルもワインを飲みました。彼女は甘いワインが好きなので、二人でFurmintを飲オーダーしました。不思議と飲み始めたら、あの灰色だった景色がだんだんとカラフルになってきてしまいました♪
e0264394_19305288.jpg
甘いワインと一緒に食べる、久しぶりのGundel palacsinta(グンデルのクレープ)も美味しかったです。
e0264394_19311026.jpg
店名:Majtényi Présház【地図
メールアドレス:kat.konyari@freemail.hu
電話番号:+36 20 968 2397
住所:Balatonlelle, Kishegy
確実な住所がないので、以下の写真の教会の隣
としか書けませんが、Kishegyに道が一本しかないので絶対に見逃せない☆
***************************************************
e0264394_19313160.jpg

[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-20 03:46 | その他
バラトンのグルメ旅行記 【2日目】
旅程:Révfülöp→Keszthely

この日は、バラトン周辺の首都といわれているKeszthelyをたくさん観光する予定だったので、朝早くホステルを出て、午前中は休まずにKeszthelyまで自転車を乗りました。
途中の景色がとても綺麗でした。
e0264394_17531146.jpg
Badacsonyのワインも、ハンガリーワインの中で有名なワインの一つです。Badacsony山は玄武岩の火山だったので、ここでできるワインの味ではミネラル感が強いといわれています。Badacsonyワイン産業地域の代表的なブドウ種類は、Olaszrizling, Rizlingszilváni , Szürkebarát, KéknyelûとZeusz の5種類です。Badacsonyのワインはアルコール濃度の高い、フルボディなものです。よいビンテージの年では、アイスワインができるブドウも珍しくないです。
Badacsonyの町を通り過ぎた頃、ワインルートの看板を見かけました。Badacsonyのワイナリーは観光客を惹きつける為に力をいれているんだと思いました。珍しいですね。
Badacsonyのウェブサイトにはワインルートの地図が載っています。ご覧下さい。
e0264394_17522386.jpg
お昼すぎにはKeszthelyの町中から北方向にある、街中心部から少し離れたペンションに着きました。もともとは隣の町のGyenesdiásにある「さらいペンション」という日本人が経営している所に泊まる予定でしたが、残念ながらいっぱいで、インターネットで他の宿泊施設を探さないといけなくなりました。バラトン旅行を考えている方は、さらいペンションのホームページをご覧下さい。楽しい情報がいっぱい載ってますよ☆

今回、インターネットで見つけたペンションは最高でした。部屋が広くて、明るく、綺麗で、バルコニーもあって、本当にお手頃価格のお部屋でした。ペンションを経営している若い夫婦もとっても優しくて、用心深い人たちでした。部屋にはびっくりプレゼントの乾燥りんごの可愛いパッケージやKeszthely, Heviz, と西バラトン一般的の地図等を用意してくれていました。
このペンションは、特にアクティブレクリエーションが好きな人におススメです。ここは様々なプログラム(セーリング、ハイキング、カヤック/カヌー、洞窟探検、サーフィン等)を企画していた夫婦が経営するペンションです。詳細は、こちらのペンションのウェブサイトをご覧ください。(※英語が通じます)
e0264394_1753136.jpg
e0264394_17523977.jpg
昼食は町中心にあるBacchus Bormúzeum és Étteremへ行きました。この地域のワインを種類豊富に提供してくれるレストランです。メニューにはZala Megyeの特別料理もたくさん揃っていました。
e0264394_17551746.jpg
e0264394_17543276.jpg
私はソーヴィニョン・ブランを飲みたかったので、それに合う魚料理を頼みました。エステルはアルコールを飲むと直ぐに眠たくなるタイプなので、ワインではなく、ソフトドリンクをオーダーしました。
e0264394_17532993.jpg
私が注文したRostonsült fogasfilé fehérbormártással, roppanós párolt zöldségekkel(白身魚のグリルの白ワインソースがけと蒸し野菜)を食べました。やっぱりおかずの野菜はここでも冷凍品でしたが、その他のものは全部美味しかったので、許しました。
e0264394_17534414.jpg
エステルが食べたSpenóttal és mozarellával töltött jércemell sajtmártással(モツァレラチーズとほうれん草入りチキンのチーズソースがけ)も美味しかったです。
e0264394_17535589.jpg
特にエステルがオーダーしたデザート、 Totyogós túrópalacsinta otelló szőlőlekvárral(カッテージチーズ入りパンケーキとオセロブドウのジャム)は美味しく、オススメです。オセロブドウから作られたジャムはとびっきり素晴らしい味だったようです(笑)
e0264394_17542112.jpg
Panna cotta vegyes gyümölcs szósszal(パンナコッタのフルーツソースがけ)も良かったすが、普通に上手にできたパンナコッタでした… エステルがオーダーした地域オリジナルのパンケーキを味見させてもらいましたが、とても羨ましい味見でした;_;
e0264394_17541048.jpg

店名:Bacchus Bormúzeum és Étterem【地図
住所:Keszthely, Erzsébet királyné útja 18
電話番号:+36 83 510 450
メール:info@bacchushotel.hu
ホームページ:http://bacchushotel.hu/?chlang=en&t=5576
***************************************************


Keszthelyがバラトン周辺の首都と考えると、文化的な中心地はフェシュテティチュ宮殿です。18世紀のバロック様式で建てられた歴史的価値のある建物の中には、非常に面白いギャラリーや博物館が数多く入っています。強大な図書館や地下のワイン博物館、昔の貴族の生活を紹介する展示等々!!!宮殿の公園も東ヨーロッパで珍しく、イギリス風につくられており、もちろんその中には、17~19世紀、貴族の中で大人気だった熱帯植物がいっぱいのオレンジの温室もあります。また、昔の貴族のもう一つの趣味であった狩猟も、宮殿の公園の反対側にある狩猟博物館でみることができます。
e0264394_17544364.jpg
e0264394_17545560.jpg
e0264394_17525198.jpg

ディナーは、ペンションのお姉ちゃんが勧めてくれたJóbarátというレストランに行きたかったのですが、頭痛がひどかったので、薬を飲んで朝までぐっすりと休みました。たぶん熱射病にかかってしまったのだと思います。また機会があればいつかこのレストランも行ってみたいと思います。そして、また、みなさんにレポートできたらな、と思います。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-16 16:56 | その他
バラトンのグルメ旅行記 【1日目】
バラトン湖を自転車で一周することは私の昔からの夢でした。しかし、タイミングが難しかったうえ、一緒に行ってくれる人がなかなかみつからず、今まで叶えることができませんでした。
実は、バラトン湖を一周することは、ハンガリーの運動好きな若者の中では非常に人気度の高い旅行なのです。約200キロ続く自転車道は、このハンガリーにはここしなないかもしれません。しかも景色は、とても綺麗です。夏休みに一周する人も多いですが、とても暑く観光客が多いうえ、道路も混むので私は春がいいなと思っていました。
毎年4月頃「Balatonkör」というバラトン湖を24時間で一周するチャレンジが行われますが、私には24時間で200キロは無理でしょう。いろいろ食べてみたいし…(笑)
そんな中、今年、チャンスが私にも巡ってきました。エステルという友達が、やっと「いいよ」といってくれたのです。ちょうど、会社の連休も5月明けになったので、今年、ようやく私の夢が実現したのです☆

旅程:Balatonfüred→Tihany→Révfülöp

私たちと同じように、Balatonfüredで電車を降りてバラトンを自転車で一周しようとしている親切なお兄さん達に、自転車を降ろしてもらったところから私たちの旅は始まりました♪
自転車道がどこにあるかわからず走り出した私たち。71号線道路を自転車で走り出したら、すぐに警察に止められて、自転車道を走りなさいと言われ、お巡りさんに場所を教えてもらいました。お昼前にはTihany半島に着いて、Tihanyの修道院の日陰でバラトン湖を眺めながら休憩しました。
e0264394_17413199.jpg
疲れも取れたし、お腹空いたね、ということで、教会の横にある、公園から続く観光客のため商店街をブラブラして、目的のレストランへとたどり着きました。
e0264394_17414224.jpg
そこには、私がハンガリーの伝統的な焼き物の中で一番好きなMiska kancsó(ミシュカ・カンチョー)という昔のHuszár(フサール)とよばれる19世紀の軍人の形をしている水差しもありました。
e0264394_1742222.jpg
Tihanyで買うお土産といえば、ラベンダーの手作り品物です。Tihanyのお土産のそれらは、1920年代にフランスから持ってきたものですが、ラベンダーには、Tihany半島の火山岩がよく合うため、精油の割合はフランスのラベンダーよりも高いと国際的に有名です。
この素敵なハーブを中心とするラベンダーフェスティバルは毎年開催されます。今年は、6月22~23日にありますが、来月にまた、このイベントについて詳しい情報をお知らせします。ラベンダーの天然オイルが安く買えるので、私は来る度購入します。皆様にもおススメです。
それ以外にも、日本人には珍しいでしょうか、ラベンダー味のミルクチョコやラベンダーオイル入りのヤギのミルクで作られた石鹸もよく買います。写真のLevendula Bolt(ラベンダーの店という意)にはラベンダーのいろんな可愛い小物が売っているので、Tihanyに来ると必ず立ち寄ります。ラベンダーショップのホームページはこちらです。
e0264394_17421164.jpg
散歩途中で見かけた、とても可愛いお店です。家に庭があれば是非ともこんなカラフルで可愛いアクセサリーで飾りたいな~と思いました。
e0264394_17411648.jpg
ランチは、ラベンダー味のタルタルソース付の焼き魚を食べる予定でしたが、何とレストランが閉鎖されていました。しょうがなく近くにあった、お客さんが多いレストランに入ってしまう馬鹿な選択をしてしまいました。このレストランの名前はFogas csárdaです。バラトン周辺レストランのブラックリストの一番上にご記入下さい。入って大失敗でした。エステルはまだあまりお腹がすいてないといって、ただのRántott sajt rizzsel és tartármártással(タルタルソース付きチーズフライとライス)にしました。私はAszalt szilvával töltött pulykamell burgonyakrokettel(七面鳥胸肉のプルーン巻きとポテトコロッケ)を注文しました。まさかスーパーで購入する冷凍食品を出してくるとは思いませんでした。お客さんの料理を作る気のない人たちが、何でレストランを出すのか、良く理解できませんでした。その時のショックがあまりにも大きすぎて、文句を言えずに出された料理を食べてしまいましたが…
私達は自転車が見えるようにテラスに座りましたが、私たちが入る決めてとなった大勢の人の正体は、ドイツ人の老人観光ツアーグループでした。食事を終え、ドイツからハンガリーに旅行に来てこんな最悪な料理を食べさせる旅行会社が存在することに腹が立ちながら、私はお手洗いを探していました。お手洗いの前にこのレストランの唯一の魅力点というか、楽しい所がありましたので紹介します。それは、地下にある、トイレの入り口すぐ横にあった適当おばあちゃんのびっくりカロチャのお店です。壁がカロチャ刺繍の品物で溢れかえっていて、コーナーではおばあちゃんが頑張って刺繍をしていました。
e0264394_17394272.jpg
e0264394_17392772.jpg
e0264394_17395625.jpg
店名:Fogas Csárda
住所:8237 Tihany Kossuth Lajos utca 9
********************************

「不幸は続いてやって来る」ともいわれますね。この旅行の1日目の午後は信じられないほど運が悪かったのです >_<“

Tihanyを出て、山から下る途中、いろんな素敵な景色を目にしながら、バラトン一周の自転車道のメイン通りに戻ってきました。バラトン北沿いと言えば、南沿いに比べて、道のアップダウンは激しいです。旅に出る、となると、自然に「なんとかなるさ!」モードになる私は、リュックサック一つで、バックパッカーそのもの♪でも、何十キロの荷物を積んで上る道は、エステルには、かなりきつかったようです。
e0264394_1740132.jpg
バラトンの北沿いを旅すれば、歴史を感じる、遺跡に出会う可能性は高いです。私達も、自転車道をちょこっと離れたところで、趣のある13世紀の教会の名残など、いくつも発見しました。自然に抱かれた古い建物は、入ると落ちつきます。ブダペストの近くにあれば、もう落書きだらけになってるでしょう。
e0264394_17402892.jpg
Balatonakaliを通りすぎ、あと15キロしかないと、心から喜ぶ中、突然私の自転車が物凄く乗り難くなりました。タイヤがパンクしていたのです(>_<;)次の町は約5キロ先でだったので、Balatonakaliに戻るしかなかったのです。運がよくタイヤを交換できるサービスステーションを見つけました。自転車でバラトンを一周しようと考えてる方には、バラトン周辺の自転車サービスステーションの住所を、あらかじめ調べておいたほうがいいでしょう。今回、助けてもらったお店のホームページはこちらです。自転車の保管、貸出し、修理以外にも、シャワー、ドリンク、食事等のサービスもあるので、Balatonakaliに行くことがあれば、ビールでも飲みに入ってみてください。
一度あることは二度あるとは、このことでしょうか。自転車を修正してもらってる最中に突然嵐が来ました。近くの電車の駅が私達を呼んでいるというような気がしましたが、我慢して嵐がおさまってから、次の目的地へと自転車で走り出しました。
e0264394_17505651.jpg
夕方6時頃、やっとRévfülöpに着きました。そこで次のピンチが現れました。親戚のおばさんの別荘に泊まるはずでしたが、何とベッドルームに入った瞬間、動物が動いてる物音に気がつきました。別荘なので、半年ほどの間、だれも使っていなかったのです。その隙を狙ってネズミたちが住み着いてしまっていたのです。しかも箒で壁を叩くと、2、3匹とかではなく、結構の数のネズミの足音が聞こえたので、無料の宿泊を直ぐにあきらめて、おばさんに断りの連絡をし、近くのユース・ホステルの部屋を予約しました。

ハプニングばかりが続いたせいで時間がかなり遅くなってしまい、計画した2つ目のレストランにも行けなくなる!と不安になった私たちは、荷物を素早く置いて、まるでその日何もしなかったように、自転車を信じられない速さでTóth Vendéglőというレストランまで飛ばしました。

このレストランは、私の家族が10年間以上通っている、お気に入りのレストランのひとつです。家族経営で、丁寧な接客に、とても雰囲気のいい店内、食べ物は本格的なハンガリーの家庭料理を出す、とっても美味しいレストランです。急いで行ったにもかかわらず、着いたのはもう8時でした。9時閉店だったので、ドキドキしながらウェイターのおじさんに注文できるかを聞いてみました。おじさんは難しい顔をして「どうかな…」みたいなことを言いました。冗談だったのですが、私はもう泣きそうになりました。そんな私の顔を見て、「もちろん、こちらへどうぞ」笑いながら席まで案内してくれました。
e0264394_17404248.jpg
このレストランのオススメは、Natúr pulykamell „Falusi” módra(田舎風七面鳥胸肉のグリル)とVadas marhasült spagettivel(ウァダシュ・ソースのビーフのグリルとスパゲッティ)です。田舎風ターキーというの七面鳥の胸肉をグリルして、ハムとジャガイモのランゴシュに挟んで、上にサワークリームとチーズがかけられた一品です。ターキーが嫌な人は豚肉バージョンでも頼めますよ。夕食には大きすぎなので、今回は頼みませんでしたが、オススメです。
Vadas mártásというハンガリーの独特のソースは食べたことありますか?なかたっら宿題です:食べてみて下さい(笑)とても美味しいですよ。元々、鹿や猪の肉から作られていたことから、狩人のソースという名前がつけられたのです。これは、肉を入れなくても作れるし、森の動物が少なくなってきたので、最近は牛肉で作られているほうが多いですが、味はニンジン、たまねぎ、サワークリーム、マスタードの調和がいかにとれてるかが重要だと思います。Tóthでは牛肉でも鹿肉でも食べれますが、どちらも美味しすぎ!です。牛肉でオーダーするとパスタがついてくるというので、私は今回それにしました。
e0264394_1741315.jpg
エステルが食べたFokhagymás szűzpecsenye parasztos burgonyával(砂肝のガーリック炒めとポテト)も美味しそうですね。
e0264394_17405286.jpg
店名:Tóth Vendéglő
住所:8253 Révfülöp Kacsajtosi út 16【地図
電話:+36 87 464 406
ホームページ:http://www.tothvendeglo.hu/


とにかく、大変な1日目でした!!!
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-05-14 20:39 | その他
☆グルメブログの誕生日☆
e0264394_169329.jpg
おかげさまで、本日、ハンガリーのグルメブログは1周年記念をむかえることができました。ブログを読んでくださる皆様に厚く御礼申し上げます。
特にフェイスブックでフォローしてくださっている78名には大きなハグを送らせていただきます♪

この一年を振り返っても、ずっと書き続けられるとは、自分でも信じられませんでした。
最初に紹介したレーテシュ祭りは結局キャンセルになってしまい、何て最悪な・・・というスタートでした。読者からのフィードバックも非常に少なくて心配でしたが、ページビュー数が段々と増加するのが嬉しくて、このブログを本当読んてくださる人もどこかにいらっしゃるんだな、とわかり、今日まで続けることができました。
本当にありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願い致します。

以前紹介させていただきましたお店について、情報の更新をさせていただきます:

☆フランスパンの「A table」はペスト側にもお店ができました。
住所は:1051 Budapest, Arany János u. 16.

☆「LEVES.」のスープバーが、日変わりメニューのパスタ専門の「PASTA.」というビュッフェをオープンさせました。
住所:Kálvin tér 2., Budapest, Hungary, 1053

☆「Bite Bakery Café」の2号店が、今年の春にALLEEデパートにできる予定です

これまでブログで紹介させていただきましたお店をわかりやすいように、この地図に全部載せました。

☆明日の「マカロンの日」のイベントに参加するお店が増えました!
e0264394_1772060.jpg

最新のリストは以下のようになっています:
マカロンを販売するお店:
Villa Bagatelle
La Praline
Centrál Kávéház
Four Seasons
Party Macaron
Desszert Neked
Sarki Fűszeres
Gerbeaud
Gundel Cukrászda
à table! boulangerie-pâtisserie
SUGAR! shop & confectionary
Paris Budapest Restaurant & Bar
Rosinante Hotel
Cinnamon Roll
GelARTo

その他:
「マカロンの香りの香水」: Le Parfum - Zólyomi Zsolt parfümériái
「マカロン・ディスプレイ」: Pazar Cuccok
「マカロンの石鹸」Pink Beauty Bakery
「マカロン味茶」Buubbles Tea Company
「マカロンに合うコーヒー」Keep Cup My Little Melbourne
「マカロンの本」:Bookbistro
「マカロンのアクセサリー」: TenczerSzofi és PeZiLand
「マカロン食べる前と後の軽食の為に」nU Bisztronómia

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アドバイス、コメントや質問がある方はフェイスブック、
または、joetvagyat.reika@gmail.comまでご連絡下さい。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-03-19 16:20 | その他
2013年も高級レストランを3300HUF(3コース)で楽しもう!
e0264394_15552546.jpg
3月18日~24日、ブダペストでDining City Restaurant Weekが行われます。

約75店から選択できます。値段は、サービス料金も入れて一様に3300HUFとなっていますが、メニューはほとんどの場所で決まっています。Dining Cityのオフィシャルホームページで、メニューを確認してから行くことをオススメします。

以下のウェブサイトで予約できます:
DiningCity Restaurant Week 2013

今までの経験からすると、登録されているレストランのほとんどは、これらのキャンペーンをプロモーションの良い機会と認識しているので、お客様の為にいつも以上の料理を出すところが多いです。本当に面白くて、豪華なメニューを提供してくれます。キャンペーンに参加してるレストランの中で興味のあるお店をみつけたら、是非チャンスをつかんで、早めに予約をして下さい。

ブダペスト市内のレストラン一覧はこちらです↓↓↓
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-02-24 16:34 | その他
お正月料理で幸運な2013年
e0264394_1744750.jpg
国によって、大晦日それからお正月について、いろんな伝統的な活動そして慣習がまったく異なります。ハンガリーにも様々な信念があって、その中から全国に知れ渡っている食事に関する10の慣習を紹介させていただきたいと思っています。中には迷信もたくさん入ってると思いますが、もしかすると2013年のあなたに幸運をもたらすかもしれません。

1 .鳥肉を食べない。
理由:鶏は後ろに土を引っかいて、家から幸運を追い出してしまいます。
特に七面鳥が危険です。この鳥は気難しい鳥と言われており、お正月に七面鳥の肉を食べると、家に悪い気が入ってくると言われています。

2.魚を食べるときに気をつける。
理由:川沿いの町に住んでいる場合、魚を食べると幸運がもたらされると信じられています。 しかし、川が通っていない町に住んでいる場合、食べると家の中の幸運が流されてしまうそうです。

3.何よりも豚肉を食べる!!!
理由:鶏の正反対で、豚は土を前に掘って、幸運を家の方位に運ぶと信じられています。 特に豚の尻尾を食べれば豊かで幸せな年になるそうです。

4.レンズ豆を食べればお金持ちになれる。
理由:レンズ豆を食べれば、財布は一年間中空っぽにならないと言われています。レンズ豆は円くてコインに似てるので、たくさん食べれば食べるほどお金が稼げると信じられています。それから独身の男性や女性が住んでいる家ではレンズスープにアーモンドを1個入れて煮る習慣があって、その1個を見つけた人は年内に結婚できるという信念があります。

5.果物を食べればビジネスがうまくいく。
理由:食べることで、果物のように努力も実をつけると信じられています。りんごを食べた場合、種を数えてみて下さい。新年に種と同じ数のビジネス成功に恵まれるはずです。

6. 長いレーテシュを作る。
理由:レーテシュ(及びシュトルーデル)の長さによって寿命が長くなり、詰め物の多様さと量で新年を豊かにできると信じられています。

7.唇に蜂蜜を塗る。
理由:恋人(および婚約者)同士は唇に蜂蜜を塗って、00:00にキスを交わすと、二人の恋(及び結婚)は甘くて長くなります。
お正月に子供の唇に塗ると、親切でお世辞がうまい人になると信じられています。   

8.パンを丸ごと準備しておく。
理由:新しく焼いた丸ごとのパンを切って,家族で食べると,一年中毎日テーブルにごちそうが出ると信じられています。

9. 香味料入れをいっぱいにする。
理由:食料庫やキッチンの塩入れ等の香味料入れが空いていれば、中身を補充しましょう。そうすれば一年中食材が不足しないと信じられています。

10.ペットに餌を沢山やる。
理由:お正月に餌をたくさんやって、お腹をいっぱいにさせると、一年中病気にならない、家族の生活をうまく援助してくれる(例:馬、牛、犬)と昔は信じられていました。

来年はハンガリー民衆の知恵を利用して、素晴らしい一年間お過ごし下さい。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-12-29 17:08 | その他
ハンガリーの伝統的なクリスマスメニュー
e0264394_246053.jpg

ハンガリー人が一番大切にするお祝いはクリスマスです。12月24日の夜は、家族のみんなが集まったり、長いこと会えなかった親戚に会える、素敵な機会です。ハンガリーでは、アメリカや西ヨーロッパの国と違って、クリスマスのメインの日は25日の朝ではなく、24日の夜です。

風習などによってこの時期に食べるものはちょっとずつ違いはあっても、24日の夕飯には魚を食べます。焼き魚とHalaszle(ハラースレー)という魚のスープです。たとえ、魚が嫌いでも、クリスマスは、皆がみんな、頑張って魚を食べます。それでも、今は、アメリカ人みたく、ターキーを食べる家族が増えているのも現実です…そんなハンガリー人の国籍は取り消してやりたいです(._.)“

翌朝には、お祝い事に登場するKuglof(クグロフ)という甘いパンのような、焼き菓子を、生クリーム入りホットココアと一緒に食べます。そして、お昼には、ロールキャベツを食べます!!!その後は、お母さんたちにゆっくり休んでもらうために、残り物を食べます(笑)26日からの過ごし方は、24日の日に、一緒に過ごすことのできなかった親戚の家に行ったりして、また、おいしい食事をよばれます。親戚がたくさんいれば、27日や28日にも食事会が続きます。最終的には、間違いなく毎年お腹を壊します(笑)
でも、クリスマスの本当の主役は、魚やキャベツではなく、ケーキです。いくら厳しいダイエットをしている人でも、クリスマスは、ケーキを食べます。準備は、当日の数日間前から始まります。どこの家族もそうかはわかりませんが、私の家族は、女性がたくさんいるので、クリスマス前のケーキ作りが、なによりも楽しい時間です。ケーキの種類はもう…数え切れないぐらい多いです。

どの家でも作るケーキは、Beigli(ベイグリ)とMezeskalacs(メーゼシュカラーチ)です。Beigliとは、芥子の実やナッツが入ってるクリスマスのロールケーキで、Mezeskalacsは、ジンジャーブレッドに似ていますが、いろんな可愛い型で抜いてアイシングなどをしたケーキです。ツリーの飾りに使う家が結構多いです。
e0264394_247237.jpg

この他にも人気のあるケーキは、ドイツ由来のPuspokkenyer(ドイツのWeinacthstolleに似ています)。これは、スーパーでたくさんの種類を売っています。お店で買っても美味しいですが、かなり甘いですよ。BobajkaおよびMakosgubaも人気です。Bobajkaは、クリスマスの人気のあるケーキの中でいちばん作り方が簡単なので、買う人は少ないと思います。
e0264394_2475840.jpg

親族が来た時には、Mezeskalacsのような室温でも長く持つ、装飾された、小さいケーキを出します。また、Linzer(リンツェル:ジャムなどがサンドされたタイプのクッキー)もMezeskalacs同様、室温長期保存が可能なので、よく作られますが、Mezeskalacsの生地と全然味が違います。Hokifli(ホーキフリ)は、親の代で大人気だった伝統的なクリスマスケーキです。粉砂糖がまぶされた、雪が降った感じの懐かしいお菓子です。おばあちゃん家に行けば必ず出てきます。
e0264394_2485231.jpg

それから、ハンガリーのクリスマスに必要不可欠な甘いアクセサリーは、Szaloncukor(サロンツコール)です。見た目は小さいキャンディーのようですが、マジパンなどをチョコレートでコーティングしたかわいいチョコレートです。これは、ハンガリーのクリスマスツリーの伝統的な飾りになってきました。この可愛いカラフルラッピングされたお菓子は、いろんな味があり、どこでも買えますが、実はあまり美味しくないです。最近では、SzamosやHorvath等の大きなケーキ屋さんで、結構いいお値段ですが、特別な味の手作りSzaloncukorを買うこともできます。かなり昔から家で作っている飾り用お菓子といえば、Habcsok(ハブチョーク)です。材料がとても安くて、子供でも作れるぐらい簡単なレシピ(お砂糖の入った卵白を泡立てて、形を作って、焼いて、出来上がり:メレンゲの焼き菓子)です。一番人気のある種類は、このメレンゲから作った円形のHabkarika(ハブカリカ)です。着色料を加えることで、いろんな可愛い飾りが作れます。
e0264394_2493718.jpg

クリスマス前に、オススメケーキのレシピをブログに載せようと思いましたが、どれにしたらいいか分かりません。
Facebook)に投票を載せたので、一番気になるケーキを投票して下さい。

[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-12-12 06:14 | その他
☆第3回☆高級レストランを3300HUF(3コース)で楽しもう!
e0264394_0551376.jpg
10月15日~21日、ブダペストでDining City Restaurant Weekが行われます。

約50店から選択できます。値段は、サービス料金も入れて一様に3300HUFとなっていますが、メニューはほとんどの場所で決まっています。Dining Cityのオフィシャルホームページで、メニューを確認してから行くことをオススメします。

以下のウェブサイトで予約できます:
DiningCity Restaurant Week 2012

今までの経験からすると、登録されているレストランのほとんどは、これらのキャンペーンをプロモーションの良い機会と認識しているので、お客様の為にいつも以上の料理を出すところが多いです。本当に面白くて、豪華なメニューを提供してくれます。キャンペーンに参加してるレストランの中で興味のあるお店をみつけたら、是非チャンスをつかんで、早めに予約をして下さい。
e0264394_0525138.jpg


ブダペスト市内のレストラン一覧はこちらです↓↓↓
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-09-27 20:42 | その他