タグ:フェスティバル ( 27 ) タグの人気記事
ホッローケーのイースター
e0264394_035248.jpg
ヨーロッパの最も重要な春の祭りはイースターです。この祭りはイエス・キリストの復活の祝い日と同時に自然の蘇りも祝う祝祭でもあります。ハンガリーでもイースターの習慣の中には自然の蘇り、肥沃な土地に関する習慣が多いです。この習慣が今でも昔と同じように生き残っている所はハンガリーのノーグラード県の小さな村、ホッローケー(Hollókő)という村です。

ホッローケーはブダペストから95km離れた、ハンガリーの北東部に位置し、チェルハート山脈に囲まれる渓谷にあります。この村は17-18世紀の構成、伝統的な村の生活を保たれていることから1987年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

イースター祭りのときは、ホッローケーが華やかな伝統衣装を着ている地元民や観光客によって賑やかになります。民芸品作り販売、伝統的なダンスの披露等、様々な活動が行われます。又、ハムを中心にして、現地のpalóc風(大平原の北部からスロバキアまで続く地域の村々に住んでいる民族集団はパローツ人と呼ばれます)の美味しいイースター料理を味わうことも出来ます。(イースター料理について以前のこちらの記事カラーチというイースターお菓子パンのレシピをご覧下さい)

e0264394_047042.jpgプログラムの中ではイースターの独特の「水掛」も行います。水掛というのは、イースターの月曜日の朝、男性が村の女性に水をかける習慣です。その習慣を説明すると、女性を美しく咲いてる花に例え、水を上げたら、長く散り去らないように美しさを保つという考えです。女性はお返しに綺麗に色付けたイースターエッグを男性に与えます。ホッローケーではイースターの日曜・月曜日に男性は村の女性にバケツで井戸の冷たい水を掛けることが見られます。要求に応じて美しくなりたい誰にも掛けていただけますよ(笑)

Hollókői Húsvéti Fesztivál 2013
ホームページ:http://www.holloko.hu
電話:+36 32 579 010 

3月30日 (土)
土曜日のプログラムは11:00~16:00まで。(イースターの準備やイースター料理の紹介等)
17:00ハンガリーで一番人気なフォークミュージックバンド、Csík Zenekarのコンサート
入場料:大人一人 1500Ft、学生(10~18歳)・年金受給者 800Ft、10歳未満 無料
駐車場:無料

3月31~4月1日(日、月)
日曜日のプログラムは11:00~約18:00まで。
月曜日のプログラムは11:00~約16:00まで。
日曜日、月曜日は11:45から舞台にフォークダンスやフォークミュージックバンドが次々披露します。
入場料:大人一人 2500Ft、学生(10~18歳)・年金受給者 1500Ft、10歳未満 無料
駐車場:無料

行き方:

バスで:ブダペストStadionok, VOLÁN駅からホッローケーまで約2時間かかります。

ブダペスト→ホッローケー
出発:8:30到着:10:30(土・日・月)
ホッローケー→ブダペスト
出発:16:00到着:18:00(土・日・月)
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-03-18 02:26 | イベント
ホットチョコ・ホットワイン・ホットビール
e0264394_1445238.jpg
II. Gőzölgő Fesztivál
開催日:2013年2月23日(土)、12-22時
場所:1051 Budapest, Erzsébet tér - Akvárium【地図
入場料 : 無料

こんなにも暗くて寒い2月は、美味しいホットチョコやホットワインを片手に、冷たくなった手を温めながら町を歩くというのが、一番いい過ごし方ではないでしょうか。

そんな寒空の2月に、ホットなお知らせです。

ブダペストで2回目のGőzölgő fesztiválというホットドリンク・フェスティバルが開催されます。

人気のカフェ、レストラン、ワインバーで美味しいホットチョコ、お茶、コーヒーやホットワイン、パーリンカ等を楽しむことができます。ノンアルコールの飲み物もあるので、子供も大人と一緒楽しむことのできるフェスティバルです。その他には、ヨーロッパのスキー場の特別な飲み物、ボンバルディーノ(卵のリキュール)、そして驚くべきホットビールも味わうことが出来ますよ。

皆さん、是非行ってみてください。

*****************************************************
ホット・ドリンクが好きだったら、このブログの以前の記事も見てみてね!
ホット・ワインを作ろう~☆
美味しいホットチョコのカフェランキング
*****************************************************
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-02-18 14:48 | イベント
ブダペスト初!魚祝祭
e0264394_745953.jpg
Budapesti Halfesztivál
開催日:2013 2月15・16・17日
場所  :1051 Budapest, Erzsébet tér - Akvárium【地図
入場料 : 無料
ホームページ:http://www.budapestihalfesztival.hu/ (ハンガリー語のみ)

2013年2月、ブダペストで最初の魚祝祭が行われます。この祭りの目的は、ハンガリー産の魚を食べる習慣をもっとも広げることだけでなく、国内の川や湖の保護に注意を喚起することも意図しています。

ハンガリーの魚料理といえば、ハラースレー!みなさんもご存知のように、この料理が一番有名なので、この料理は祭りの中心となります。ハラースレー作りコンテストは誰でも参加することが出来ます!(申し込みは祭りのホームページで)もちろん、この他にも、たくさんの美味しい魚料理をワインやパーリンカと一緒に食べることができますよ。

また、日本、タイ、ベトナムの魚料理も紹介されています。

そして、このフェスティバルは、皆さんがもっと楽しめるようにと、伝統的なプログラム
、ジャズコンサート、子供向けのダンスプログラム、いくつかの面白いプログラムも用意されています。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-01-31 17:00 | イベント
ハンガリーの国宝豚を食べちゃおう!~マンガリッツァ祭り~
e0264394_729478.jpg
2008年から毎年、国内の様々な都市で開催される人気者、ハンガリーの国宝豚『マンガリッツァ』を中心とするフェスティバルは今年も開催されます。この3日間、Szabadság 広場は「都心の食料庫」となります!
   ************************************************
   【Mangalica Fesztivál
   開催日:2013年2月8・9・10日(3日間)
   場 所 :1054 Budapest、Szabadság tér【地図
   入場料:無料
   駐車場:Szabadság 広場下の駐車場利用の場合割引あり
   公共交通機関利用の場合:
   メトロ2(Kossuth Lajos tér下車) or
   メトロ3(Arany János utca下車) or
   市電2ライン(Kossuth Lajos tér下車)が最寄駅となります。
   ************************************************

☆食べられる国宝豚!マンガリッツァ

マンガリッツァはハンガリー原産の豚で、18-19世紀に一番人気の高い一種でしたが、20世紀には絶滅の危機に陥りましたが、最近では、別格な肉質の「食べられる国宝」として認定され、様々なところで飼育されています。容姿は、羊みたいに毛むくじゃらで、子豚が猪のようになった豚で、体には平行した縞模様があります。マンガリッツァは、主に、脂のため飼育されたので、脂身が多くて赤み部分が少ないという特徴をもっていますが、牛肉に良く似た上品な肉質でもあります。

濃厚な赤身、霜降りでジューシーな肉質は、他の豚肉とは一線を画す味わいで、イベリコ豚や神戸牛に似ていてたいへん美味しいです。普通の豚肉より旨味があり、牛肉のような色をしたその豚肉は、美味しいだけでなく、他の豚肉に比べて消化がよく、健康にもいいのです。
(興味がある方はこちらを参照してください:【リンク】)
マンガリッツァ祭りでも、マンガリッツァ豚の金・赤・黒白色の3種類が展示されています。

☆マンガリッツァ祭り

2月8-10日の3日間、マンガリッツァ豚から作ったソーセージ、ハム等を是非試してみてください。口に合ったお好きなものを直接、飼育者から購入することができます。その他にも、様々な美味しい農産物、チーズ、ジャム、蜂蜜、油、香辛料等、そして高品質の工芸品も売られています。

イベント会場では、炭火などでグリルされた美味しいマンガリッツァや、いろんな調理法で調理されたマンガリッツァ料理を、ワインやパーリンカを飲みながら、生演奏を楽しんでみてはいかがでしょうか。舞台では、朝から晩までフォークミュージック、軽音楽が演奏され、マンガリッツァ料理やソーセージ、チーズやジャムの作り方も紹介されています。
また、土曜日には、マンガリッツァ料理作り大会も行われます。

是非足を運んでみて下さい。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-01-31 02:00 | イベント
秋を歓迎する巨大なワインフェスティバル
e0264394_20191610.jpg
2012年9月11~16日、ブダ城宮殿で「XXI.BUDAVÁRI BORFESZTIVÁL 2012」第21回度ブダペストのウィンフェスティバルが行われます。

この5日間でブダ宮殿で15カ国の220つのワイナリーの5000種類以上のワインから選択できる、ハンガリーの一番大きなワインフェスティバルです。
e0264394_2025464.jpg
ワイン専門家の新世代に脚光が集まります。
この世代の若者は祖先の知識を受け継いで、その知識を大切にしながら、おしゃれを追従したデザインを考えてワインを造ります。
若者のお店にこのしるしでマークつけます。

今回のフェスティバルの主賓の国はクロアチアとなっています。
クロアチアのワイナリーの半分しかワインを販売していない習慣があって、ヨーロッパで不思議と思われる伝統があるので、クロアチアのワインは国際的によく知られていません。ワイン以外、クロアチアの食べ物と文化も紹介される様々なイベントが行われます。

9月7日~17日にブダペストの優れたレストランから17店が5つコースのメニューを特別にワインフェスティバルの為に考えました:

7000HUFのメニュー:
ARAZ Restaurant
Chess Restaurant/Etterem
Chez Daniel
Negro Bar
Paris Budapest Restaurant
Princessin Restaurant
RISO Ristorante & Terrace
Ristorante Krizia

14000HUFのメニュー:
Alabárdos Restaurant
Baraka Restaurant & Lounge
Olimpia Vendéglő
Pavillon De Paris
Salon Restaurant
Spoon Cafe & Lounge
Trattoria Toscana
Vár: a Speiz Étterem、
XO Bistro

テーブルのご予約をTable Free Budapestを通して簡単にできます。【リンク


フェスティバルのグルメ地図は以下となっています:
e0264394_2030205.jpg


入場料:
一日の切符:2700HUF
5日間の定期券:7500HUF

場所:ブダ城宮殿のテラス

開催日:   
9月12日~13日(水~木): 14~23時
9月14日(金) : 12~23時
5月15日~16日(土~日): 12~23時
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-09-10 19:46 | イベント
バラエティ豊かなフォアグラを食べれるフェスティバル
e0264394_5373978.jpg

2012年6月1~3日、ブダ城宮殿で「Libamáj fesztivál」第4回度フォアグラフェスティバルが行われます。

今年で第4回目となりますが、今年初めて、このイベントがブダ城宮殿で開かれます。その前はフォアグラ天国のOrosházaで行われました。
前回のフェスティバルには、1.2~1.5万人が参加し、イベント毎に1200kgものフォアグラがふるまわれました。フェスティバルの目的は、このごちそうを一年に一回誰でも手頃な価格で食べれることです。フォアグラ以外にも、フォアグラとよく合うワイン、ジャムやパーリンカも売られています。

フォアグラは16世紀からハンガリー料理文化の大切な材料の一つとしてありました。
Bornemissza Annaの有名なレシピ本(1680年)にもフォアグラの焼き方が載っています。
と言うことはガチョウ肥育に400年以上の歴史があるわけです。

フォアグラが有名なレストラン10店(Almárium Bisztró、Bistorant,Csokoládia manufaktúra、NU Bisztró、Szentendrei Kereskedőház、Tigris Étterem等)のシェフ、それから4個所の生産者、40人の作品の味を楽しめることができます。

子供たちには、トウモロコシの皮等を使った、伝統的な材料から作るおもちゃを作りや、かご細工など、いろんな遊びを準備しています。

入場料:
1日券: 1900 Ft
3日券: 3800 Ft
12歳以下のお子様は無料で入れます。

場所:ブダ城宮殿

開催日:
6月1日(金): 12~23時
6月2日(土): 10~23時
6月3日(日): 10~23時
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-05-31 05:38 | イベント
ブダ城宮殿でパーリンカフェスティバル
e0264394_4285540.jpg

2012年5月10~13日、ブダ城宮殿で「VII. Budapesti
Pálinkafesztivál」第7回度ブダペストのパーリンカフェスティバルが行われます。

Pálinka(パーリンカ)とは、果物やハーブを搾って作った、ハンガリーの伝統的なブランデーです。ハンガリーの男魂の一番誇り高い物ともいえます。
田舎のおじいさん達は、みんな家で作ったりしています。
アルコール度は37.5%~86%と高いです。

さぁ!今年はあなたも、何百種類ものパーリンカに挑戦してみませんか?
有名なパーリンカメーカーは、みんなそれぞれの持ち場で出展しています。
※有名なパーリンカメーカーは、Harmatrázó,Gusto, Békési, Rézangyal, Villányi, Schiszler, Szalontai,Csalló, Rex,Hegyközi, Zwackの11メーカーです。

2012年は桃の年ということで、今年のパーリンカも桃パーリンカ(barack Pálinka)となっています。桃以外には、りんご(alma:アルマ)、プラム(szilva:シルバ)とブドウ(törköly:トルコイ)のパーリンカが有名です。しかし、外国の方々は、アルコール度の高い伝統的なパーリンカより、アルコール度が比較的低く甘みがある「Mézes Pálinka」(メーゼシュパーリンカ:蜂蜜入りパーリンカ)の方が口に合うようです。

パーリンカ以外にも、コルバース(ハンガリーのスパイシーサラミ)、手作りチーズ、ワイン、シャンパン等も売っています。
☆5月10~13日の4日間は、Oroszlanos udvar(フェスティバルの一部)で女性向けにと、パーリンカ入りのマカロンも食べることができます☆
なお、Oroszlános udvarでは、屋根付きのテーブルの予約が可能です。

入場料:
1日券:2,000HUF
4日間券:5,500HUF
14歳以下のお子様は無料で入れますが、大人同伴でなければなりません。
・試飲グラス付き※
・ブダペスト歴史博物館も無料で入ることができます。
注意:切符(およびリストバンド)は、他人に渡したり、共有して使用したりすることは禁じられています。ダメージを受けている(張り替えた、切れた跡がある、破れている)切符は無効になります。
※ チケットご購入の際、試飲用グラスがついてきますが、
ハンガリーでは18歳以下のアルコール摂取は法律で禁じられているため、
18歳以下の方は試飲はできません(グラスもありません)。ご注意ください。

場所:ブダ城宮殿

開催日:
5月10日(木): 14~24時
5月11日(金): 14~02時
5月12日(土): 12~02時
5月13日(日): 12~24時
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-05-08 04:36 | イベント