タグ:伝統 ( 11 ) タグの人気記事
冬を見送る暴飲暴食
e0264394_2414257.jpg
冬の終わり、そして春の始まりはハンガリーで伝統的にも快楽主義の時期になっています。 饗宴と祭り騒ぎで賑やかな時期をファルシャングといいます。ファルシャングのもっとも人気な行事は豚の屠殺(特に田舎の方に)そして全国で行われているいろんな仮装パーティーです。ほとんどの幼稚園や学校では子供たちのために金曜日の午後や週末に仮装パーティーが開かれています。また豪華舞踏会やちょっとしたパーティ
ーでも、仮面や仮装で変装して日常生活と違う自分を楽しめる機会があります。ファルシャングの仮装で一番有名なイベントは モハーチュで毎年開催されてるブショーヤーラーシュ(Busójárás)というカーニバルです。

ファルシャング時期の終わりとなる3日間がファルシャングの尻尾(farsang farka)と呼ばれています。
その三日間とは:
húshagyó kedd(肥沃な火曜日)
ファルシャングの祝いが最高潮を迎えるこの日、冬のシンボルであるわら人形を燃やしたり、真夜中まで騒いだりします。
hamvazó szerda (灰の水曜日)
正式には断食の第1日です。教会のミサで神父さんは信者の前頭に灰で十字を描きます。この日はあまり騒いだりしてはいけない、(特に女性は)下品な服を着てはいけない、油がついてる食器などは必ず洗う(笑)等の決まり事があります。
torkos csütörtök(脂の木曜日)
前日から断食がすでに始まってるのに脂の木曜日は思い切り食べる事ができるので、実際はこの日が断食前の最後の日といえます。
ファルシャングで残った料理もお腹に片付ける… よく理解できない考え方ですね。

脂の木曜日の伝統から由来している新しい習慣として、ハンガリー全国の多くのレストランでこの日に限り通常の半額で食事ができます。今年の脂の木曜日は3月6日となっています。「脂の木曜日」キャンペーンに参加しているレストランの一覧はTorkos Csütörtökのホームページ(http://www.torkoscsutortok.hu/)に確認できますし、テーブルも予約できますが、ホームページに載ってないレストランでもやってるところが多いですから、気になるレストランがあれば直接電話で問い合わせることをお勧めします。 脂の木曜日についてもっと詳しい情報が欲しい方は去年の記事をご覧いただくか、またはメールで直接お問い合わせ下さい。

ファルシャングに食べる料理の材料には基本的に豚の屠殺で出来たものが多いので、フルカやコルバースなどの豚肉料理が多いです。(参考までに以前の記事) ハムは例外で、イースターまで塩に漬けて置きます。この時期は油が珍しく多かったため、丁度お祝い事にピッタリのドーナツが作られた事から、ドーナツがこの時期の代表的なお菓子となりました。以下はファルシャングドーナツのレシピです。

e0264394_37479.jpg
ハンガリー風カーニバルのドーナツ

材料:
黄身 3つ
牛乳 300ml
バター 50g
砂糖 30g
ラム酒もしくはレモン汁 2大さじ
小麦粉 500g
イースト 25g
塩 少々
お好みのジャム♪

作り方:
①適度にほぐしたイースト(ドライイーストを使う時は省略)と砂糖をひと肌くらいまでに温めた牛乳に入れて溶かしておく
②小麦粉、ラム酒かレモン汁、塩、黄身を加え、生地がまとまるまで捏ねる
③バターを溶かし、生地に加え、ふわふわになるまで捏ね続ける
④ボールに移し、布巾でカバーし、30分ほど生地をねかせる。(一次発酵)
⑤ねかせておいた生地を小麦粉を振りかけた台の上で伸ばす。(5mmの厚さが望ましい)
⑥丸い型やコップで抜き、イースト菌が冷めないように布巾の上に載せ、片面の真ん中に凹みを作り、そのままさらに15分間醗酵させる。(二次発酵)
⑦180℃で片面2分ずつ揚げる。凹みがある方から揚げ、ペーパータオルに置き、残りの油を吸い取る
⑧粉砂糖を振りかけ、凹みにお好みのジャムを載せ、出来上がり♪
[PR]
by itadakimasu_hu | 2014-03-05 03:23 | レシピ
クッキーで作るクリスマスリース
e0264394_4233718.jpg
クリスマス前の最後の日曜日からさかのぼって、4週間目の日曜日からクリスマスまでの期間をAdvent(アドベント)と言います。今年のアドベントの最初の日曜日は今週末です。さて、アドベントというのはどんな時期か、そしてどんな楽しい行事があるのかを紹介させていただきます。

「アドベント」というのは「待降節」という意味で、イエス・キリストの誕生を待ち望む期間の事です。
簡単に言うとイエス・キリストの誕生日パーティーへの準備です。(笑)
イエス様が人間の罪をなくすために、地球に人間として生まれたというのがこの宗教の一番重要な神話なので、年中行事の中でクリスマスとイスターが大きな行事になります。
この頃の資本主義文化では、世界中でプレゼントの買い物がクリスマスの主な準備となってしまいました。残念ながらこの傾向は伝統的なカトリックの国々でも多く見られます。でも幸いなことに私達の世代でも、受け継がれたクリスマスの伝統を楽しめるものがいくつかあります。

アドベント・リース (Adventi koszorú)

e0264394_4341924.jpg
ツリー飾りとプレゼント作りを除いて、一番人気があるアドベントの伝統はリース作りです。
アドベントリースは、クリスマスを待ち望む家の信仰的なデコレーションと言えます。
元々荷馬車の車輪から作られたそうですが、最近はわら、苔、松のリースが一番多く、市場や花屋でベースを買って、家でキャンドルを立てて、いろんなデコレーションをつけて作る習慣があります。もちろん完成しているものも買えますが、クリスマスムードを盛り上げるために自分で作るのも楽しいと思います。円形であれば何でもいいですし、蝋燭4本を立てるだけでとても簡単♪

アドベント中の日曜日毎に、アドベントリースの蝋燭の光が一本ずつ増えることは救世主イエス様の誕生が段々と近づいていることを意味し、カトリック信者の喜びが広がることを光が増えることに例えています。蝋燭一つ一つに意味があり、信仰、希望、愛、喜びの順番でキャンドルに火をつけ、クリスマスまでの心の準備をします。最初の3本は紫色、4本目は桃色なのが伝統的なスタイルで、クリスマス・イブにはろうそく4本すべてが灯され、ツリーの灯りとは違う神聖なムードに引き込まれます。

メーゼシュカラーチ (Mézeskalács)

メーゼシュカラーチ、いわゆるハンガリー風ジンジャーブレッドはずっと昔から、ハンガリーでクリスマスが広められる前から作られています。砂糖がなかった時代では、甘いものがとても高かったためメーゼシュカラーチも高級品でした。男性は好きな女性に婚約の意向を明確にするために鏡付きのハート型のメーゼシュカラーチを渡す習慣がありました☆

メーゼシュカラーチの歴史がとても長いのに対し、クリスマスの行事はわずか2百年前から始まったと言われてますが、今ではハンガリーの代表的なクリスマス菓子になりました。クリスマス菓子の中で、私はメーゼシュカラーチ作りが一番楽しいと思います。アイディアを出し合いながら、オリジナルのクリスマス飾りを家族や友達と一緒に作れるので大好きです。今年のアドベント・リースはメーゼシュカラーチを使って作りました。日本では馴染みの無い珍しいタイプのリースですよね。皆様も家でこんな可愛いお菓子を作ってみてはいかがですか☆

e0264394_4442443.jpg

材料(いっぱい遊べる分☆)
蜂蜜 500g
バター 250g
砂糖 250g
小麦粉 1kg
クローブパウダー 1大さじ
シナモンパウダー 1大さじ
重曹 1小さじ
卵 1個 

つや出し用:
卵 1個
溶かしマーガリン 30g

アイシング
粉砂糖200g
卵白1個


①蜂蜜を鍋に入れ、小さく切ったバターと砂糖を加え完全に混ざるまでで弱火で温める。
②①を温めている間、大きなボールに小麦粉、クローブ、シナモンそして重曹を入れ混ぜ合わせる。
③②に温くなった①を入れ、卵を加え均一になるまで混ぜ合わせる。
④できた生地をラップして2-3時間ほど冷蔵庫で寝かせる。
⑤生地を冷蔵庫から取り出し、小麦粉を振りかけた台の上で、生地を伸ばす。(3mmの厚さが望ましい)
⑥クリスマスらしい型(星、ハート、ツリー等)で抜く。
⑦ベーキングトレイにのせ、つやだし用の液を塗り、180~200 度のオーブンで10分程焼く。
⑧オーブンから出した直後は割れやすいので、少し冷えるまで待つ。
⑧アイシング用の粉砂糖を一度ふるいにかける。
⑨卵白に粉砂糖を加えしっかりと泡立てる。
⑩ナイロン袋にアイシングを入れ、袋の角に小さい穴を開け、軽く押しながらクッキーの上にお好みの模様を描く

☆コツ:アイシングがにじんでしまった場合は、完全に乾いてから取ると綺麗に取れる☆
アイシングが固まったら出来上がり!!!
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-11-30 05:05 | レシピ
イースターデコレーションにしても良い卵料理
e0264394_21224660.jpg
ハンガリーのイースター行事の中ではイースタープレートを出す習慣があります。家族毎にこの料理は違いますが、基本的には、イースターハム、生鮮野菜、西洋ワサビ、ゆで卵を綺麗にアレンジして出します。そして、その家の好みによって、高いチーズやベーコン等の日常生活ではあまり食べないごちそうも一緒に、食卓に並べたりします。

普通のゆで卵では気合が足りないと考えてる主婦は、ちょっと頑張ってゆで卵からkaszinótojás(カジノエッグ)か、töltött tojás(スタッフドエッグ)を作ります。
レシピは非常に似ているので、今回は両方の作り方を紹介させていただきます。
e0264394_21231219.jpg

カジノエッグ(Kaszinótojás)

材料(5個分)
卵 5個
バター    50g
マヨネーズ 大さじ2
マスタード 大さじ1

味付け
塩 小さじ1/2
白コショウ 小さじ1/2
パセリ 少々
チャイブ(西洋アサツキ) 少々

ソース
サワークリーム 100ml
マヨネーズ 大さじ2
ナツメグ 少々
塩 少々
レモン汁    小さじ1/2
砂糖 少々

作り方
①卵が固くなるまで茹でる。(水が沸騰してから約10分が目安)
②バターをクリーム状に泡立てる。
③パセリとチャイブを細かく刻む。
③ゆでた卵の殻をむき、下を切り、黄身の部分を取り出す。
④黄身が温かいうちにフォークで潰し、クリーム状にバターと混ぜ合わす。

⑤マヨネーズとスパイス(塩、マスタード、コショウ、パセリ、チャイブ)を加え、よく混ぜ合わす。
⑥混ぜあわせたものを下から、残った卵の白身だけの器の中に戻す。
⑦ソースの材料を混ぜ合わし、卵にソースをかける。
⑧冷蔵庫で10~12時間冷やす。
⑨マヨネーズ入りサラダの上に載せて、パセリの葉で飾ってできあがり。

そしてもっと可愛いバージョン☆
e0264394_21234675.jpg

スタッフドエッグのひよこちゃん(Töltött tojás csibe)

材料(5個分)
卵 5個
フォアグラペースト 50g
コニャック 大さじ1
マヨネーズ 大さじ3
塩 小さじ1/2強
ナツメグ 少々
ロット(ネギ科) 1本

飾り
黒コショウ
小さい三角形に切った人参

作り方
①卵が固くなるまで茹でる。(水が沸騰してから10分が目安)
②冷たい水にで冷やし、殻をむく。
③卵の下から0.5cmぐらいの部分と卵の上も同様部分を切り、横に置き、黄身を取り出す。
④エシャロットをみじん切りする。
⑤黄身をフォアグラペースト、マヨネーズ、コニャック、エシャロット、スパイスと混ぜ合わす。
⑥できたクリームを星形の金口をした絞り袋に入れて、空になった白身に絞りいれる。
⑦クリームの上に③で切った部分を載せる。
⑧黒コショウと人参でひよこの顔を作る。
⑨ひよこ達をフレッシュな緑の葉(レタスやラムソン等)の上に座らせると一番可愛いです★
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-03-24 22:09 | レシピ
ホッローケーのイースター
e0264394_035248.jpg
ヨーロッパの最も重要な春の祭りはイースターです。この祭りはイエス・キリストの復活の祝い日と同時に自然の蘇りも祝う祝祭でもあります。ハンガリーでもイースターの習慣の中には自然の蘇り、肥沃な土地に関する習慣が多いです。この習慣が今でも昔と同じように生き残っている所はハンガリーのノーグラード県の小さな村、ホッローケー(Hollókő)という村です。

ホッローケーはブダペストから95km離れた、ハンガリーの北東部に位置し、チェルハート山脈に囲まれる渓谷にあります。この村は17-18世紀の構成、伝統的な村の生活を保たれていることから1987年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

イースター祭りのときは、ホッローケーが華やかな伝統衣装を着ている地元民や観光客によって賑やかになります。民芸品作り販売、伝統的なダンスの披露等、様々な活動が行われます。又、ハムを中心にして、現地のpalóc風(大平原の北部からスロバキアまで続く地域の村々に住んでいる民族集団はパローツ人と呼ばれます)の美味しいイースター料理を味わうことも出来ます。(イースター料理について以前のこちらの記事カラーチというイースターお菓子パンのレシピをご覧下さい)

e0264394_047042.jpgプログラムの中ではイースターの独特の「水掛」も行います。水掛というのは、イースターの月曜日の朝、男性が村の女性に水をかける習慣です。その習慣を説明すると、女性を美しく咲いてる花に例え、水を上げたら、長く散り去らないように美しさを保つという考えです。女性はお返しに綺麗に色付けたイースターエッグを男性に与えます。ホッローケーではイースターの日曜・月曜日に男性は村の女性にバケツで井戸の冷たい水を掛けることが見られます。要求に応じて美しくなりたい誰にも掛けていただけますよ(笑)

Hollókői Húsvéti Fesztivál 2013
ホームページ:http://www.holloko.hu
電話:+36 32 579 010 

3月30日 (土)
土曜日のプログラムは11:00~16:00まで。(イースターの準備やイースター料理の紹介等)
17:00ハンガリーで一番人気なフォークミュージックバンド、Csík Zenekarのコンサート
入場料:大人一人 1500Ft、学生(10~18歳)・年金受給者 800Ft、10歳未満 無料
駐車場:無料

3月31~4月1日(日、月)
日曜日のプログラムは11:00~約18:00まで。
月曜日のプログラムは11:00~約16:00まで。
日曜日、月曜日は11:45から舞台にフォークダンスやフォークミュージックバンドが次々披露します。
入場料:大人一人 2500Ft、学生(10~18歳)・年金受給者 1500Ft、10歳未満 無料
駐車場:無料

行き方:

バスで:ブダペストStadionok, VOLÁN駅からホッローケーまで約2時間かかります。

ブダペスト→ホッローケー
出発:8:30到着:10:30(土・日・月)
ホッローケー→ブダペスト
出発:16:00到着:18:00(土・日・月)
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-03-18 02:26 | イベント
男性の心と胃袋を掴むスープ
e0264394_257579.jpg
2月が始まりました。そろそろバレンタインデーが来ますね…
ハンガリーの独特なバレンタインデーの習慣について書こうと思いましたが、実は何も特別な習慣がないことに気がつきました。ハンガリーでは、普通に好きな人にチョコやケーキ、花やぬいぐるみを渡す日、とだけ定義づけられているからです。男女関係なく、好きな人がいれば誰でも言葉やプレゼントでそれを表現できる日です 。伝統ではなくアメリカの映画に見習った、ということだけです。

それでも、まぁ、食べ物で愛情を表す、もっとハンガリー人的な方法もありますよ☆

その昔、村や小さい町では、男性たちは女性の家へ、交際する目的で行く日が決まっていました。(たとえば毎週木曜日だけみたいな形で…)いろんな男性が来ては、女性や女性の家族と話し合いましたが、なかなか気に入る男性が現れません。でも、そんなある日、家族の気にいる男性が彼女の家へ来たのです。そして、その男性、たった一人にだけ、このスープが出されたのです。>>>軽薄なんですよね(笑)<<<このスープは「Legényfogó leves」と言います。直訳すると「男性を掴むスープ」という意味になります。作りやすくて、早くできるのに美味しくて、味が豊富であるスープです。もちろん作り方が 地域ごとに少々異なります。

さて、その素晴らしい求婚者の胃袋を掴むといわれる、うわさのスープのレシピを紹介させていただきます:

材料(1鍋分):

ベース
グリーンピース 200g
きのこ 200g
セロリ、ニンジン、ルートパセリ 200g
鶏の胸肉 300g
鶏のレバー     300g
玉ねぎ       大2個
水2L
サラダ油

habarás
調理用生クリーム  200 ml
サワークリーム   200 ml
小麦粉小さじ2
(※ハンガリーでは、調理用生クリームは「főzőtejszín」という名前で売っています)

味付け
レモン汁      小さじ1

コショウ
ローリエ
ディル(別名:イノンド。セリ科のハーブ)
クミンパウダー
マスタード
グヤーシュクリーム(スーパーで購入できます)
e0264394_2581561.jpg

作り方:
①みじん切りにした玉ねぎをキツネ色になるまで炒める。
②一口大に切った肉も合わせ炒める。
③胸肉が白くなったら、さいの目に切った野菜(ニンジン、セロリ、ルートパセリ)と
グリーンピースを加える。
④塩とコショウで味付けをする。
⑤蓋をして、肉と野菜を軽く蒸し煮にしたら、きのこを加える。
⑥1.5~2Lの水を入れ、材料を煮込む。
⑦材料がやわらかくなったら、レバーを胸肉と同様に一口大に切り、スープに加える。
⑧沸騰したら、さらに5分間煮る。
⑨その間に「habarás」を作る:ボウルに小麦粉入れ、サワークリームと調理用生クリームをよく混ぜ合わせる。
⑩火を弱め、habarásをスープに加え、ハーブで味付けをし、3~4分後、火から鍋をおろす。
⑪そのまま5分おき、レモン汁を加え、 軽く混ぜたら出来上がり。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-02-05 03:02 | レシピ
真冬の男らしい料理
e0264394_341439.jpg
豚の屠殺の時期はSt.Andrásの日(11月30日から1月末まで)です。
この寒い冬の時期に解体した豚の肉をいろんな伝統的な方法で保存し、真冬のごちそうの基本材料とするのです。親戚や隣近所を誘って、可哀想ではありますが、豚をみんなで殺す行事は、ハンガリーの田舎では昔からのことで、現在でも受け継がれており、この行事を行っている人が多いほどの、大人気の社交行事です。もちろん、私みたいに楽めない人もたくさんいますが…

仕事は朝6時から夕方まで行われます。参加者は早朝、パーリンカを飲んでから仕事に取りかかります。また、豚の血で炒めたたまねぎをやわらかいパンにのせて食べます。(O_O)”その後、豚の食肉処理を行います。ハンガリーの(特に田舎生まれの)男性は、この活動ついて詳しく説明するのが大好きですが、気持悪くならないように、この点は飛ばさせていただきます。(興味がある方は【こちら】で詳細をご覧下さい。)
e0264394_3223970.jpg

豚の屠殺は、ハンガリー語でDisznótor(ディスノートル)と呼ばれています。Disznótorが受け継がれる背景には、ハム、ベーコン、Disznósajt(豚のチーズという意)【写真参照】等の伝統的な産物が沢山できるからです。今回はその中から、クリスマスフェアや他の冬のイベントでもよく出てくるdisznótoros(ディスノトロシュ)、Hurka(フルカ)およびKolbász(コルバースソーセージ)の伝統的な焼き方を紹介したいと思います。

フルカはフィン・ウゴル由来の単語で、意味は「腸」です。殺された豚の結腸に血、いろんな内臓(な~んでも)、ご飯(またはソバ、キビ、トウモロコシ)、焼いたたまねぎ、スパイス(塩、コショウ、パプリカ、マジョラム)を混ぜたものを詰めます。Bácska地方の方法と味付けはハンガリー全国の一般的な味付けになってきて、Hungaricum【過去のブログ参照】扱いになります。

Hurkaはスーパーで購入することもできますが、買わないほうがいいです。一番美味しいhurkaは、豚の屠殺をやった知り合いお友達、評判がいい肉屋(ハンガリー語では肉屋のことをHentesという)で入手することをオススメします。自己判断で購入せず、誰かに勧めてもらって方がいいですよ。
Hurkaは「白」と「黒」の2種類があります。「白」はmájas hurka(マーイヤシュ・フルカ)といい、「黒」はvéres hurka(ヴェーレシュ)といいます。(máj=>レバー、vér=>血という意味)マーイヤシュは結構食べやすいですが、ヴェーレシュが苦手な人がたくさんいます。
お店で売っているコルバースは、通常は薫製で保存された食品です。こういうコルバースは切らなければ、冷蔵庫へ入れなくてもとても長く持ちますが、今回紹介するレシピに利用するコルバースは、薫製ではない、肉屋にしか売ってない種類のものです。
e0264394_3331724.jpg

材料
(4人分)
ジャガイモ 800g
マーイヤシュ+ヴェーレシュフルカ 800g
グリル用コルバースソーセージ 200g
水 50ml

作り方:
①準備:
・ジャガイモをよく洗って、皮を剥かないまま塩が少々入った冷たい水で茹でる。
・フルカとコルバースも軽く洗って置く。
・オーブンを180℃に予熱する。
②フルカを大型のトレイにのせ、針で穴をいくつか開けて、50mlの水をかけて、オーブンで20~25分焼く。
③ジャガイモのゆで汁を切リ、皮を剥き、ちょっと冷めたら、スライスする。
④フルカが折れないように気をつけてひっくり返し、横にコルバースも並べる。
⑤ジャガイモを肉の周りに並べ、ジャガイモにフルカの油を少しかけておく。
⑥トレイをオーブンに戻し、さらに20~25分焼いて、出来上がり!


お腹を壊さない為に、蒸し赤キャベツや漬物(例:savanyúkáposztaやcsalámádé等)と一緒に召し上がって下さい。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2013-01-21 02:03 | レシピ
お正月料理で幸運な2013年
e0264394_1744750.jpg
国によって、大晦日それからお正月について、いろんな伝統的な活動そして慣習がまったく異なります。ハンガリーにも様々な信念があって、その中から全国に知れ渡っている食事に関する10の慣習を紹介させていただきたいと思っています。中には迷信もたくさん入ってると思いますが、もしかすると2013年のあなたに幸運をもたらすかもしれません。

1 .鳥肉を食べない。
理由:鶏は後ろに土を引っかいて、家から幸運を追い出してしまいます。
特に七面鳥が危険です。この鳥は気難しい鳥と言われており、お正月に七面鳥の肉を食べると、家に悪い気が入ってくると言われています。

2.魚を食べるときに気をつける。
理由:川沿いの町に住んでいる場合、魚を食べると幸運がもたらされると信じられています。 しかし、川が通っていない町に住んでいる場合、食べると家の中の幸運が流されてしまうそうです。

3.何よりも豚肉を食べる!!!
理由:鶏の正反対で、豚は土を前に掘って、幸運を家の方位に運ぶと信じられています。 特に豚の尻尾を食べれば豊かで幸せな年になるそうです。

4.レンズ豆を食べればお金持ちになれる。
理由:レンズ豆を食べれば、財布は一年間中空っぽにならないと言われています。レンズ豆は円くてコインに似てるので、たくさん食べれば食べるほどお金が稼げると信じられています。それから独身の男性や女性が住んでいる家ではレンズスープにアーモンドを1個入れて煮る習慣があって、その1個を見つけた人は年内に結婚できるという信念があります。

5.果物を食べればビジネスがうまくいく。
理由:食べることで、果物のように努力も実をつけると信じられています。りんごを食べた場合、種を数えてみて下さい。新年に種と同じ数のビジネス成功に恵まれるはずです。

6. 長いレーテシュを作る。
理由:レーテシュ(及びシュトルーデル)の長さによって寿命が長くなり、詰め物の多様さと量で新年を豊かにできると信じられています。

7.唇に蜂蜜を塗る。
理由:恋人(および婚約者)同士は唇に蜂蜜を塗って、00:00にキスを交わすと、二人の恋(及び結婚)は甘くて長くなります。
お正月に子供の唇に塗ると、親切でお世辞がうまい人になると信じられています。   

8.パンを丸ごと準備しておく。
理由:新しく焼いた丸ごとのパンを切って,家族で食べると,一年中毎日テーブルにごちそうが出ると信じられています。

9. 香味料入れをいっぱいにする。
理由:食料庫やキッチンの塩入れ等の香味料入れが空いていれば、中身を補充しましょう。そうすれば一年中食材が不足しないと信じられています。

10.ペットに餌を沢山やる。
理由:お正月に餌をたくさんやって、お腹をいっぱいにさせると、一年中病気にならない、家族の生活をうまく援助してくれる(例:馬、牛、犬)と昔は信じられていました。

来年はハンガリー民衆の知恵を利用して、素晴らしい一年間お過ごし下さい。
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-12-29 17:08 | その他
ハンガリーの伝統的なクリスマスメニュー
e0264394_246053.jpg

ハンガリー人が一番大切にするお祝いはクリスマスです。12月24日の夜は、家族のみんなが集まったり、長いこと会えなかった親戚に会える、素敵な機会です。ハンガリーでは、アメリカや西ヨーロッパの国と違って、クリスマスのメインの日は25日の朝ではなく、24日の夜です。

風習などによってこの時期に食べるものはちょっとずつ違いはあっても、24日の夕飯には魚を食べます。焼き魚とHalaszle(ハラースレー)という魚のスープです。たとえ、魚が嫌いでも、クリスマスは、皆がみんな、頑張って魚を食べます。それでも、今は、アメリカ人みたく、ターキーを食べる家族が増えているのも現実です…そんなハンガリー人の国籍は取り消してやりたいです(._.)“

翌朝には、お祝い事に登場するKuglof(クグロフ)という甘いパンのような、焼き菓子を、生クリーム入りホットココアと一緒に食べます。そして、お昼には、ロールキャベツを食べます!!!その後は、お母さんたちにゆっくり休んでもらうために、残り物を食べます(笑)26日からの過ごし方は、24日の日に、一緒に過ごすことのできなかった親戚の家に行ったりして、また、おいしい食事をよばれます。親戚がたくさんいれば、27日や28日にも食事会が続きます。最終的には、間違いなく毎年お腹を壊します(笑)
でも、クリスマスの本当の主役は、魚やキャベツではなく、ケーキです。いくら厳しいダイエットをしている人でも、クリスマスは、ケーキを食べます。準備は、当日の数日間前から始まります。どこの家族もそうかはわかりませんが、私の家族は、女性がたくさんいるので、クリスマス前のケーキ作りが、なによりも楽しい時間です。ケーキの種類はもう…数え切れないぐらい多いです。

どの家でも作るケーキは、Beigli(ベイグリ)とMezeskalacs(メーゼシュカラーチ)です。Beigliとは、芥子の実やナッツが入ってるクリスマスのロールケーキで、Mezeskalacsは、ジンジャーブレッドに似ていますが、いろんな可愛い型で抜いてアイシングなどをしたケーキです。ツリーの飾りに使う家が結構多いです。
e0264394_247237.jpg

この他にも人気のあるケーキは、ドイツ由来のPuspokkenyer(ドイツのWeinacthstolleに似ています)。これは、スーパーでたくさんの種類を売っています。お店で買っても美味しいですが、かなり甘いですよ。BobajkaおよびMakosgubaも人気です。Bobajkaは、クリスマスの人気のあるケーキの中でいちばん作り方が簡単なので、買う人は少ないと思います。
e0264394_2475840.jpg

親族が来た時には、Mezeskalacsのような室温でも長く持つ、装飾された、小さいケーキを出します。また、Linzer(リンツェル:ジャムなどがサンドされたタイプのクッキー)もMezeskalacs同様、室温長期保存が可能なので、よく作られますが、Mezeskalacsの生地と全然味が違います。Hokifli(ホーキフリ)は、親の代で大人気だった伝統的なクリスマスケーキです。粉砂糖がまぶされた、雪が降った感じの懐かしいお菓子です。おばあちゃん家に行けば必ず出てきます。
e0264394_2485231.jpg

それから、ハンガリーのクリスマスに必要不可欠な甘いアクセサリーは、Szaloncukor(サロンツコール)です。見た目は小さいキャンディーのようですが、マジパンなどをチョコレートでコーティングしたかわいいチョコレートです。これは、ハンガリーのクリスマスツリーの伝統的な飾りになってきました。この可愛いカラフルラッピングされたお菓子は、いろんな味があり、どこでも買えますが、実はあまり美味しくないです。最近では、SzamosやHorvath等の大きなケーキ屋さんで、結構いいお値段ですが、特別な味の手作りSzaloncukorを買うこともできます。かなり昔から家で作っている飾り用お菓子といえば、Habcsok(ハブチョーク)です。材料がとても安くて、子供でも作れるぐらい簡単なレシピ(お砂糖の入った卵白を泡立てて、形を作って、焼いて、出来上がり:メレンゲの焼き菓子)です。一番人気のある種類は、このメレンゲから作った円形のHabkarika(ハブカリカ)です。着色料を加えることで、いろんな可愛い飾りが作れます。
e0264394_2493718.jpg

クリスマス前に、オススメケーキのレシピをブログに載せようと思いましたが、どれにしたらいいか分かりません。
Facebook)に投票を載せたので、一番気になるケーキを投票して下さい。

[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-12-12 06:14 | その他
ケーキのカウントダウン
明日、2012年度のハンガリーのケーキ(Ország Tortája)が発表されます。
機会があれば是非とも建国記念日のイベントで味わってみて下さい。

去年まで優勝したケーキを紹介させていただきます。

e0264394_21174494.jpg

2007年 
Madártejtorta 
madartejのケーキ)
Budapest ・ Zila Cukrászda
e0264394_21194279.jpg

2008年
Szatmári Szilvatorta
(Szatmar地方のプラムケーキ)
Budapest ・ Zila Cukrászda
e0264394_21205061.png

2009年
Pándi meggytorta
(Pandのサワーチェリーケーキ)
Budapest ・ Zila Cukrászda
e0264394_2121317.jpg

2010年
Szilvásgombóctorta
(プラム団子ケーキ)
Veresegyház ・ Sulyán Cukrászda
e0264394_2122234.jpg

2011年
Kecskeméti barackos kölestorta
(ケチケメートのアンズとキビケーキ)
Budapest ・ Zila Cukrászda
[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-08-19 21:24 | その他
ハンガリーの春の特別な味
e0264394_2111988.jpg

昨日ヨガの教室へ行く途中で、突然ですが、私の一番好きな春の香りに遭遇しました。
一所懸命探したら、やっと香りの元を見つけることができました。それは、ニワトコの花でした。
道にぶら下がったニワトコの花が咲き始めていました。
そうです!ハンガリーの独特な春の味と言えば、bodzaszörp(セイヨウニワトコのシロップ)ですね。
このシロップのレシピは、ハンガリーでは家庭ごとに異なるので、私は、自分のおばあさんのレシピを教えさせていただきます。

材料(5L分)

(5Lの瓶及びガラスボール)
bodza(セイヨウニワトコの花序) 6~7つ
citrompotlo(クエン酸)20~25個
砂糖 600g
レモン 1個
水 5L

①5Lの瓶やボールに水2.5Lを入れる。
②500gの砂糖と、かるく潰したcitrompotlo(潰してから使用しないと溶けにくくなる)を入れる。
③残りの100gの砂糖は小さな鍋に入れ、キャラメルになるまであたためる。
④キャラメルも瓶に入れ(投入した際は固まるが心配ない)、完全に②と混ぜ合わす(結構時間がかかる)。
⑤レモンをスライスし、花はきれい洗い、④にいれる。
⑥5Lの瓶がいっぱいになるまでお水を足し、お皿でカバーして閉じる。
⑦1日1回木製スプーン(ハンガリーのキッチンには欠かせないグッズのひとつ)で軽く混ぜて、味を確認する。

気温が結構高ければ、2日間でできますが、通常は3日間かかります。
天気が悪ければ、遅くても4日あれば完成です。
冷蔵庫の中では1週間、冷凍庫では何ヶ月も保管できます。
味が甘すぎる場合、水で薄めて下さい。

▼セイヨウニワトコの花序▼
e0264394_212348.jpg

[PR]
by itadakimasu_hu | 2012-05-14 02:24 | レシピ