人気ブログランキング |
和食にハンガリーワインを ~ソムリエの選択~
e0264394_1450319.jpg

日本の食事では、同時にデザートを除く、いろんな食べ物が食卓に一度に並びますよね。そういった味わい豊かな和食に、テーブルワインをプラスして、いつもとは違った和食を楽しむ、というのはいかがでしょうか。

今回の記事では、日本人の皆さんへ、和食に合うワインを紹介したいと思います。
多種多様なハンガリーワインを合わせることで、いつもの和食とちょっと違う、もっとエキサイティングな食事の日、というのを設けるのも面白いかもしれませんよ。ワインは、選び方を間違わなければ、食事の味を殺すものではなく、料理の味を高めて、疲れた心に元気を与えることもできるのです。

優しい味と食欲をそそる香りをもつ和食のほとんどは、最近流行のブルゴーニュ地方のブルゴーニュワインや白のリースリングなどに似ている、ミネラル豊かな味で、酸度の高いトカイ地方の辛口フルミント(tokaji száraz furmint)が美しく合うと思います。
また、食前酒には、本格的なハンガリーシャンパンの香り豊かなセミドライのChateau Vincent Hárslevelű Demi Secをお勧めします。食事の雰囲気を明るくし、食欲も増すでしょう。

そこで今回は、種類豊富な日本食の中からいくつかをピックアップして、それらの料理に合うお勧めワインを紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

Ver.1:
ライトボディーの赤ワイン、Frittmann Pincészet(フリットマン・ワイナリー)のKadarka(2011)がお勧めです。カダルカは、口当たりも軽い(アルコール分も低い)ワインですので、肉もワインの味もお互いがお互いの味を殺さず、料理もワインも楽しむことができます。

Ver.2:
かぼちゃの自然な甘さも生かす、収穫のちょっと遅い甘口ワイン、 Tokaj NobilisのAmicus Late Harvest (2008)がお勧めです。

Ver.3: 天ぷらうどん
ドライワインタイプのフルミント、Lenkey Pincészet(レンケーイ・ワイナリー)のSzáraz furmint (2007)がお勧めです。さっぱりとした醤油ベースのおつゆには、キリっとした白のドライワインがよく合います。

Ver.4:サーモンのグリル
日本の鮭よりも油がよくのっているサーモンには、酸味の強いロゼでさっぱりと。お勧めワインはGál Szőlőbirtokの Szent Márton rozé (2012) です。

Ver.5:寿司
基本的には、Barta Öreg Király, Furmint (2009)などの丁寧な酸味のある、辛口ワインをお勧めします。(いや!お寿司に合うアルコールといえば、日本酒かビールでしょ!という声がどこからか聞こえてきそうですが・・・笑 )

そしてデザートには、もちろん、糖度の高いトカイアスー・ワインですね。Patrícius Borház(パトリチウシュ・ワインハウス) の6プットニョシュのアスーは、デザートワインとして是非飲んでいただきたい1本です。お試しくださいね。

《参考文章: BORIGOワイン雑誌編集長トンパ・イムレ》
by itadakimasu_hu | 2013-02-14 05:11 | ワイン
<< ホットチョコ・ホットワイン・ホ... 男性の心と胃袋を掴むスープ >>